秋山理央が撮影した原発デモ


by rio_nonukes

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

【一言】

政府に対して怒っている映像ディレクター秋山理央が個人的に記録している脱原発関連の映像です。
今声を上げなければ日本に未来はありません。
動画やブログはリンクフリー&拡散歓迎!

※動画をDLして再アップや加工、画像の無断転載はご遠慮ください。

★意見・デモ情報募集中★
メッセージを送る

ABOUT ME
YouTube
Facebook
Twitter
Twilog


【支援金口座】
[ゆうちょ銀行から]
口座:ゆうちょ銀行
記号:10210
番号:86757101
口座名:アキヤマ リオ

[他金融機関から]
口座:ゆうちょ銀行
店名:0二八(ゼロニハチ)
店番:028
預金種目:普通
口座番号:8675710
口座名:アキヤマ リオ

支援金会計報告

【雑誌連載中】
月刊『紙の爆弾』にて、写真ルポ連載中(毎月7日発売)


以前の記事

2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月

タグ

(35)
(32)
(26)
(8)
(4)
(3)
(3)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)

最新の記事

会計報告:2014年11月
at 2014-11-30 12:00
会計報告:2014年10月
at 2014-10-31 12:00
会計報告:2014年9月
at 2014-09-30 12:00
会計報告:2014年8月
at 2014-08-31 12:00
会計報告:2014年7月
at 2014-07-31 12:00
大MAGROCK vol.7..
at 2014-07-19 00:00
2014年6月の脱原発関連動..
at 2014-06-30 23:59
会計報告:2014年6月
at 2014-06-30 12:00
2014年5月の脱原発関連動..
at 2014-05-31 23:59
会計報告:2014年5月
at 2014-05-31 12:00
2014年4月の脱原発関連動..
at 2014-04-30 23:59
会計報告:2014年4月
at 2014-04-30 12:00
2014年3月の脱原発関連動..
at 2014-03-31 23:59
会計報告:2014年3月
at 2014-03-31 12:00
2014年2月の脱原発関連動..
at 2014-02-28 23:59
会計報告:2014年2月
at 2014-02-28 12:00
2014年1月の脱原発関連動..
at 2014-01-31 23:59
会計報告:2014年1月
at 2014-01-31 12:00
2013年12月の脱原発関連..
at 2013-12-31 23:59
会計報告:2013年12月
at 2013-12-31 12:00

twitter

人気ジャンル

画像一覧

記事ランキング

タグ:脱原発デモ-東京 ( 26 ) タグの人気記事

NO-NUKES ハロウィンパレード - 2011.10.30



http://www.youtube.com/watch?v=ai-cNaMafu4
撮影・編集:秋山理央
機材:SONY HDR-HC7、raynox HD-5050PRO、Hague Mini Motion-Cam


■東京都渋谷区で行なわれた脱原発デモ『NO-NUKES ハロウィンパレード 10.30 TRICK OR NO-NUKE!』の記録映像です。[ 公式サイト:Act3.11 JAPAN 〜命を守ろう 日本を変えよう〜

■13:00に代々木公園を出発し、渋谷区役所前〜ハチ公前交差点~宮益坂下交差点〜宮下公園前〜神宮通り公園まで約30分かけてデモ行進をしました。

■40名程度の参加者が仮装して渋谷の街を歩くという風変わりなデモでした。ハロウィンの前日だったので注目度が高かったように思えました。

a0222059_12244.jpg

a0222059_122341.jpg

a0222059_122543.jpg

a0222059_122745.jpg

a0222059_1221713.jpg

a0222059_122215.jpg

a0222059_1222597.jpg

a0222059_1222939.jpg

a0222059_1223465.jpg

a0222059_1224172.jpg

a0222059_1224128.jpg

a0222059_122458.jpg

a0222059_1224931.jpg

a0222059_1225754.jpg

a0222059_123190.jpg

- 福島豊さん スピーチ-

いつもは結構メガホンで大きい声でですね、脱原発・反原発をどなるんですけども、何かこんな感じでやるとまた違う注目もあるかなと思ってですね。
みなさんのおかげで、何か良い感じで出来ました。
今日は本当に楽しくやろうって事で、何かちょっと不気味な雰囲気もあって、良かったかなと思います。
継続して今後やっていくつもりですので、是非みなさん、ご参加下さい。
結構、色んなテーマ変えてやると、そのテーマによって参加してくれたり、そのテーマによって我々のパレードで何か気付いて頂いたり、通行人の方の反応も、それぞれのデモでそれぞれの形があると思うんで、良いかなと思います。

どうも、みなさん、ありがとうございました。
今後とも継続して、是非原発再稼働を止めて、少しでも良い社会、未来に残せる社会をみなさんの力で作りましょう。
ありがとうございます。

a0222059_1673679.jpg

写真撮影:秋山理央
PENTAX K20D、K-x
PENTAX DA18-55mm F3.5-5.6 AL、TAMRON SP AF28-75mm F2.8 XR



■コアラのマーチのパッケージがハロウィン仕様になっていたり、お店の飾り付けにカボチャが使われていたりするのでハロウィンが近づいてくるのだけは何となく分かりますが、ハロウィンが何なのか実はよく分かっていません。子供達が「トリック・オア・トリート(お菓子をくれなきゃ、いたずらしちゃうぞ!)」と言って近所を回ってお菓子をもらうという事くらいの理解しかないので、ちょっと調べてみました。「10月31日の夜は、死者の霊が家族を訪ねたり精霊や魔女が出てくる日だとケルト人に信じられていたそうで、いつからか悪霊を追い払う儀式的な仮装が盛り込まれ今の形のハロウィンになった」そうです。恐らくは「お盆」みたいな感じなのだと思います。アメリカではクリスマスに次ぐ一大イベントだそうですが、日本にハロウィンが浸透している感じはしていません…。何となくかわいいですし、広まると楽しいですね。今回のこのデモも脱原発とハロウィンの知名度向上を兼ねていて良かったと思います。実際、私はこれを機にハロウィンが何たるかを少し理解できましたし、このデモで脱原発を考えてくれた方もいたのではないでしょうか。

■テーマ曲があるというのは珍しく、今回のデモでは物悲しい音楽が二人のピアニカ奏者によって奏でられていました。ひたすら繰り返されるあの曲をずっと聞いていたら、何故だか撮影中に泣きそうな気持ちになってしまいました。後で教えて頂きましたが、あの曲は『U.N.オーエンは彼女なのか?』というそうで、気になる方は検索してみてください。

■今回のデモは30分程度の短いデモだったのでコースも短く、撮影はわりと楽だったんですが、音が連続するように編集するのが大変でした。撮影よりも編集の方が大変だったというわりと珍しい例です。そう言えば、よく「編集が大変そう」と言われるんですが、別にそんな事は全然ないんです。と言うのも、撮影の時に編集の事を考えて撮影を行なっているので、編集は基本的に切って貼ってるだけで終わります。ただ、映像は1秒30コマなので、1/30秒レベルで各カットを調整する必要があるので、そこで(膨大な)時間は掛かります。それでもやはりスムーズでリズミカルな映像に仕上げないと観る方も疲れてしまうと思うので、いくら時間が掛かってもさらっと観れる映像にする事を目標としています。編集は単にダイジェストを作る行為ではなく、魂を詰めて作品にする行為であるはずです!!と、ここまで書いていて、「もしかしたら編集って凄く大変だったのかもしれない…」と思い始めてしまいました(笑)

■仮装やハロウィングッズを身につけている参加者は半分くらいだったと思います。スパイダーマンの服を着た子供、魔女の帽子を被った女の子、マスクをしたスクリームマスク、黒ずくめの男、そして防護服の男。なんだかよく分からない集団だったのですが、楽しげな雰囲気が伝わってきた良いデモでした。福島さんのスピーチにもありましたが、様々なスタイルのデモがあった方が良いと私も思います。何が人の心を動かすかなんて誰にも分かりませんし、人が恋をしたり何かを好きになる事に理由はないように、デモもどんどん色んな形でやっていけば良いと思います。

■このデモのサブタイトルに「TRICK OR NO-NUKE!」とあるのですが、これは「脱原発しないと、いたずらしちゃうぞ!」という感じの意味です。この記事を書く為にハロウィンについて調べていたら、「お菓子がもらえなかった場合は報復の悪戯をしてもよい。」という記述がありました。そろそろ、政府や東電に対して報復の悪戯をしてもいい頃なのかもしれません…。

a0222059_165189.jpg
[おまけ]謎の楽器を吹く松沢呉一さん

秋山理央


[PR]
by rio_nonukes | 2011-10-30 00:00 | デモ撮影記録

原発いらない福島の女たちデモ - 2011.10.29



http://www.youtube.com/watch?v=lHabDV6VebY
撮影・編集:秋山理央
機材:SONY HDR-HC7、raynox HD-5050PRO、Hague Mini Motion-Cam


■霞が関の経済産業省前に座り込む為に集まった「福島の女たち」を先頭に約1000名が参加した脱原発デモ『原発いらない福島の女たちデモ』の記録映像です。

■12:00に日比谷公園 中幸門を出発し、東京電力本社前〜ガード下〜外堀通り〜八重洲中央口前(東京駅前)〜呉服橋交差点〜常盤橋交差点〜新常盤橋交差点〜常盤公園まで約100分間かけてデモ行進をしました。

■全ての女性の味方である私は、全ての予定を蹴ってこのデモへ駆け付けました。麗しいお嬢さん方がたくさん参加されているデモに私が行かない理由はありません。わざわざ遠方から来た方も大勢いた事からも分かるように、これはもう本当の心からの叫びに他ならず、なんとしても記録しなければならないと思い撮影させて頂きました。

a0222059_11364468.jpg

a0222059_11365119.jpg

a0222059_1136554.jpg

a0222059_1137592.jpg

a0222059_11371451.jpg

a0222059_11371914.jpg

a0222059_11373249.jpg

a0222059_11373899.jpg

a0222059_11374470.jpg

a0222059_11374777.jpg

a0222059_11375311.jpg

a0222059_1137572.jpg

a0222059_1138473.jpg

a0222059_1138986.jpg

a0222059_11381512.jpg

a0222059_11383585.jpg

a0222059_11384858.jpg

a0222059_1139255.jpg

a0222059_11392272.jpg

a0222059_11393625.jpg

a0222059_11395184.jpg

a0222059_1140196.jpg

a0222059_11401290.jpg

a0222059_11402655.jpg

a0222059_11403577.jpg

a0222059_11404655.jpg

a0222059_11405981.jpg

a0222059_114110100.jpg

a0222059_11412093.jpg

a0222059_11413282.jpg

a0222059_11414262.jpg

a0222059_11415226.jpg

a0222059_1142225.jpg

a0222059_2475569.jpg

a0222059_248103.jpg

a0222059_2482134.jpg

a0222059_2473120.jpg

a0222059_11421273.jpg

a0222059_11422394.jpg

a0222059_11423291.jpg

写真撮影:秋山理央
PENTAX K20D、K-x
PENTAX DA18-55mm F3.5-5.6 AL、TAMRON SP AF28-75mm F2.8 XR



■人々の「脱原発」の思いを動画で記録し、より多くの人に伝えやすくするのが私の役目だと思い、あらゆる脱原発デモに出動しています。極めて難しくない「脱原発」というごく自然な選択が分からないと言うのなら、この現実を見つめる事が何よりも大事で、実際に目の前の世界として存在している現象を見て頂きたいと思っています。さあ、何度でも叫び向かいましょう!!叫ぶ事を忘れてはなりません!!声が壊れたら心で叫べばいいんです!!

■日比谷公園を出発したデモ隊は、すぐそばにある東京電力本社前へ向かいました。いきなりクライマックスと言っても過言ではない怒りの標的があるわけですから、デモ隊の抗議の念は爆発しここぞとばかりに脱原発の訴えが叫ばれました。デモ行進中は警察の指示以外で止まってはいけないのですが、東電本社前ではちょっとだけ停止し声を上げている光景がしばしばありました。

■自分で撮影したデモの映像は、編集の時に何度も何度も繰り返し見ているのでYouTubeに公開したらあまり見る事はありません。それで今、このブログの記事を書く為、デモの映像を見ていたら涙が出てきました。自分の撮った映像で泣くというのは変な話ですが、参加者(特に福島県から来た方々)の思いが痛いくらい伝わってきて感極まってしまいました。特に、映像の最後の方で登場する泣きながらデモ隊を迎え、感謝をして下さった方々のお気持ちを考えると涙がこぼれてしまいます。私は「脱原発」という立場に立ったビデオ・ジャーナリストですので、「脱原発」の一助になるような映像作りを行なっていますので、私の映像やブログを広く拡散して頂けたらと思います。どうかよろしくお願いいたします。

■約1000名が参加した大規模デモだったので、その長さは物凄い距離に渡っており先頭から最後尾まで走って何分もかかりました。そろそろ肌寒くなってくるはずの秋の日…だったら良かったのですが、この日は天気が良くポカポカ陽気で本当に暑く体力が奪われました。銀座辺りで、疲れてしゃがみ込んでいると、作家の松沢呉一さんが「何か持とうか?」と声を掛けて下さったので、申し訳ないと思いながらも2個ある水筒のうち重い方の水筒を預けさせて頂きました。私、実は、移動中に松沢先生の本を読んでいたのでとても不思議な気持ちになりました。私の荷物を持って下さるなんて…。本当に有難うございました。松沢呉一先生はとても優しい方です。

■機材・装備品の総重量は約10kg、ビデオカメラと一眼レフ2台、交換レンズ、水筒2本、その他モロモロ…どうしても荷物が増えてしまっている中、軽量化に成功した部分もあります。ずっとしていた左手の指輪を外す事になりました。少し前の事になるのですが、7年間付き合っていた彼女に振られてしまいました。デモに行き過ぎて、、もちろん、デモだけが原因じゃないのですが、地震や原発事故がなければきっと別れていなかったと思います。私は、彼女と撮影どちらを優先するかと言われたら撮影を優先してしまうような男なので、良くない恋人だったと思います。このブログは脱原発デモの記録であると同時に私の記録でもあるので、ここにこういった事も記しておきます。(…こういった理由から、個人的にも)なんとしても原発を止めたいと思っています。望まない形で証明されてしまいましたが、私が本気だという事がお分かり頂けたと思います…。

■今回のデモで凄いと思ったのは、どこに撮影に行ってもみんな元気だった事です。コースも長かったし、ダレたりバテたりしそうだったのですが、やはり先頭を行く被災地の方が一生懸命に頑張っているのだから自分達も頑張ろう!という気持が少なからずあったと思います。また、ご高齢の女性のお姿も多くお見かけできましたので、その方々の存在に勇気づけられたというのもあったと思います。最年長は89歳の益永スミコさん(映像3分21秒〜25秒、6分36秒〜42秒)だったと思います。83歳の斉藤美智子さんもいらっしゃり、マイクでアピールをされていて感動いたしました(映像2分58秒〜3分5秒、4分9秒〜18秒)。日本の女性がこうして立上がったのを黙って見ていられる男性がいましょうか。

■ゴミを拾っている男性(映像5分58秒〜6分4秒)がデモ隊の中にいたのですが、話を聞いてみると「歩いていたらビニール袋が飛んで来たので、せっかくだから落ちてるゴミを拾う事にした」と言っていました。デモ参加者のリアルな姿はこのような感じで、彼らは怖いという事はなくむしろ気の優しい方が多く、デモ参加に抵抗がある人は思い切ってデモに行ってみる事をオススメします。撮影させてもらったお礼を言うと「いつも映像見ています!頑張って下さい!」という嬉しいお言葉を頂きました。最近驚くのが、自分の父親よりも年齢の上の方に褒められたり、頭を下げられたりされてしまうことで、大変に恐縮してしまいますが活動の励みになっています。応援して頂き誠にありがとうございます。頂いた言葉の数々は私の誇りです。

■デモ隊は大きく2グループに分断されて行進をしました。先頭を行くのは「福島隊」の旗が示すように福島から来た人々で、その後に首都圏の脱原発を掲げている団体や個人が続きました。実際には信号機の関係でデモ隊は4〜5くらいに分けられており、各グループ間の距離は数百m単位で離れていたので今回もいっぱい走りました。そんなデモ隊の中で大音量の部分が2ヶ所ありました。「団結」と書かれた赤い鉢巻きをしていた女性MCが特徴的だった『すべての原発いますぐなくそう!全国会議』と、お化けやクマッ娘やドラム缶がいたドラムチームです。そして、何故か火炎瓶テツ氏(通称『ファンキーおじさん』)がご婦人に囲まれて叫んでいたのが今回の一番の謎であります(笑)。しかも彼のコールの後に「チーン」という鐘の音…(映像2分26秒〜37秒)。

■ここまで広い年齢の方々が参加しているデモは非常に珍しいと思います。また、プラカードや被り物、衣装も多彩で非常に素晴らしかったです。特に『原子力より、原始力。』と書かれたおにぎり君とハート形土偶のプラカードは(土偶好きな私として)最高だと思いました。参加者の情熱が非常に伝わってきたデモで大変に感動しました。そして最後に、「私は全ての美しい女性の味方、つまり全ての女性の味方です!」ということをここに宣言して今回の記事を締めさせて頂きます。ありがとうございました。

a0222059_1743263.jpg
[おまけ]愛用のブックカバー(中身:松沢呉一『ぐろぐろ』)

秋山理央


[PR]
by rio_nonukes | 2011-10-29 00:00 | デモ撮影記録

10.23右から考える脱原発集会・デモin銀座汐留 - 2011.10.23



http://www.youtube.com/watch?v=iVsH0h3Tbp8
撮影・編集:秋山理央
機材:SONY HDR-HC7、raynox HD-5050PRO、Hague Mini Motion-Cam


■脱原発運動を右の立場から全国へ発信している「右から考える脱原発ネットワーク」が主催した『10.23右から考える脱原発集会・デモin銀座汐留』の記録映像です。[ 公式サイト:右から考える脱原発ネットワーク

■13:30過ぎに水谷橋公園を出発し、昭和通り〜読売新聞前〜朝日新聞前〜電通本社前〜日本テレビ前〜外堀通り〜新橋駅前〜東電本社〜外堀通り〜数寄屋橋〜有楽橋〜水谷橋公園まで約100分間かけてデモ行進をしました。

■このデモは右翼の方々が日の丸を掲げながら行なった脱原発デモの第4弾です。今回はマスコミを糾弾するために銀座・汐留を決戦の地に選びました。『人命より優先される報道などない マスコミは姿勢を正し真実を伝える報道をせよ!』という横断幕が示すように怒りの矛先をマスコミに向けた珍しいデモでした。

a0222059_2317421.jpg

a0222059_23171534.jpg

a0222059_23171846.jpg

a0222059_23172419.jpg

a0222059_23172976.jpg

a0222059_23173776.jpg

a0222059_23174272.jpg

a0222059_23174948.jpg

a0222059_23175266.jpg

a0222059_23175785.jpg

a0222059_2318610.jpg

- 針谷議長 読売新聞社前でのスピーチ -

読売新聞はCIAの手先として、日本に利益誘導の為に、アメリカの国益の為に、原発を売った。
そのお前らが売った原発によって、福島第一原発の事故が起こった。
お前らは売国奴だ。
お前らはこのような事をして、東電と同じ責任を持たなきゃいかん。
東電だけが保障をするんじゃなくて、読売新聞もリストラ策を出して、ボーナスもカットして、しっかりと被災者、被爆者に対して保障、謝罪をせよ。
読売新聞が、あんたらCIAの言う事を聞いて、正力なんちゃらが動かなければ、正に、福島第一原発の事故はなかった。
読売新聞に大きな責任があります。
読売はしっかりと、国民に対して、人民に対して謝罪し、福島の民衆に対して、そして被曝してしまった子供達の将来の事を真剣に考え、保障の問題に取り組みなさい。
あんたらは他人じゃないんだ。
とりあえず、マスコミとして、今正に、それらを反省し、姿勢を正し、真実を伝える放送、報道をすることを我々は望みます。
読売新聞よ、真実を報道しろ。
そして、我々国民に今までの事を反省し、しっかりとマスコミとして真実を報道するという言い分を訴え、そして報道の自由を叶えなさい。

a0222059_23181030.jpg

a0222059_2318144.jpg

a0222059_23184497.jpg

- 針谷議長 朝日新聞社前でのスピーチ -

朝日新聞は何をしてきたか。
大本営発表を鵜呑みにして何らマスコミとしての役目を果たさず、疑問を投げつけず、真実を伝えないで、ただただ政府が出す大本営発表を流し続けただけじゃないですか。
あなた達の、マスコミの責任を感じるなら、報道の自由を求めるならば、あなた達には、正しい事、真実を報道する義務があります。責任があります。
私達はそんな中、今回、マスコミに対する抗議の念を持って、脱原発デモをやっております。

a0222059_2319057.jpg

a0222059_2319165.jpg

a0222059_23192611.jpg

a0222059_23193753.jpg

a0222059_23194892.jpg

a0222059_2320236.jpg

a0222059_23201187.jpg

a0222059_2320228.jpg

- 針谷議長 日本テレビ付近でのスピーチ -

本日、人の少ないこの汐留地区でこのように歩いているのは、まず広告を武器に鋭利至上主義だけに走り、公共の利益を無視して、真実でない、全体のする事が分かっていながら利益追求の為に、広告代理店として思う存分新聞社に圧力ができる、その電通に対して抗議をする事も、原発を誘導した読売新聞、その中の日本テレビは、もしCIAの手先として原発を誘導しなければ福島第一原発の事故はなかったと我々は思っています。
私達は昭和20年8月6日、9日、広島、長崎に原爆を落とされ、その原子力の脅威、恐怖というものを知っている。
その我々に対して、アメリカが利益誘導として、原発を日本に対して、推進するようにと押し付けてきた、お先を担いで、その工作をしたのが、ここにある日本テレビであって、読売グループです。
アメリカの公文書において、はっきりしている事実です。
我々は、断じて、日本テレビ、そして読売グループの責任を追及します。
あなた達も東電と同じ、福島第一原発に対する事故の責任を負うんです。
しっかりと日本テレビはリストラをして、被災した福島の方々、原発の事故によって被害を被った方々に保障をしなさい。
それがあなた方の役目です。
また、しっかりとした報道をしなさい。

a0222059_23203435.jpg

a0222059_15175091.jpg

a0222059_23205621.jpg

a0222059_2321685.jpg

a0222059_23211379.jpg

- 針谷議長 東京電力本社前でのスピーチ -

東京電力の諸君、諸君達は福島第一原発の事故を何ら反省していないな。
反省していたらボーナスなんか出せない。
これは会社の損失なんだから、社員だって諦めるしかない。
ボーナスをカットしてよという声を上げるのが当たり前じゃないか。
労組に頼ってボーナスを確保しろって何を考えているんだ。
お前らは全員責任がある。
以前は思っていなかったが、この無責任な姿勢を見ていて、正に我々は思った。

東京電力は、何度も言うが、今誰でもいいから出てきなさい。
出てきて我々の怒りに対して、東電の社員として謝罪しなさい。
あなたたちは無責任で、責任を取る事を忘れている。
デモで苦しんでいる人に伝えるんだ。
せめて責任を感じて欲しい。
我々はそのように思う。
私達は福島の子供達の命と未来、そして、麗しき山河を守る為に脱原発運動に立上がりました。
この日の丸が見えるか、脱原発運動は左翼だけの運動じゃないんだ。
我々国民、そして人民と言う人もいる、我々この日本という麗しき山河に住む大意の運動なんだよ。
我々民衆の運動なんだ。
国民、人民の運動なんだ。
我々は東電を許さない。
しっかりと、前経営陣に対して、前経営陣に対して責任を追及して、東電として政治告訴をしなさい。
政治告発をしなさい。

a0222059_23212272.jpg

a0222059_23213157.jpg

a0222059_23214399.jpg

a0222059_2322498.jpg

a0222059_23221383.jpg

a0222059_23222331.jpg

a0222059_23223012.jpg

写真撮影:秋山理央
PENTAX K20D
PENTAX DA18-55mm F3.5-5.6 AL、FA50mm F1.4、TAMRON SP AF28-75mm F2.8 XR



■デモ隊の先頭を行く統一戦線義勇軍の針谷大輔議長のマスコミ糾弾スピーチは素晴らしかったです。デモ隊も非常に統率が取れており、乱れぬ隊列は見事でした。先頭に日の丸と横断幕、その次に赤い旗と白い旗、間を置いて青い旗という隊の構成もヴィジュアルを重視していて感心しました。隊の外から見て美しかったです。

■実際、今日本で情報を発信してるマスメディアの姿勢は、反省すべき戦争中の報道と何も変わらない状況です。大本営発表を出す政府が一番悪いのですが、それを鵜呑みにして流すメディアの責任も軽くはないと思います。針谷議長が仰られているように、原発の安全神話を積極的に報道したり、原発事故の真実を報道しなかったマスメディアは東電と同罪だと思います。

■参加者は約150名弱くらいだったと思いますが、趣旨に賛同されただけの非右翼の方も多く参加されていました。今回も随伴してくる警察官の数が多く、新橋駅近くの信号機では防具を装着し金属製の盾まで用意した警察官も配備されていました(中央辺りの写真)。この警察官は物々しいのに非常に動きやすそうです。特に腕部分は動く事が考慮され5ピースになっています。上から、ボディアーマーと一体型になっている肩ガード(材質はケブラーか?[注1])、その下の二の腕アーマー(初めて見た)、エルボーパッド(これはテープ1本で止めるタイプなので長時間着用すると痛くなりそう)、そして剣道の小手みたいな2ピースのプロテクター、デザインに統一性はありませんがかっこいいです。ボディアーマーはアメリカ軍のみたいに股間までガードしているタイプの方が心強いと思います。ヘルメットが特殊な形をしていますが、これは略帽を下に被る事を配慮したデザインなのでしょうか。[注2]耳の辺りに突起があるので音がよく聞こえるような工夫がしてありそうです。また、後頭部(首?)用の稼働プロテクターがヘルメットに組み込まれているように見えます。足に装着しているのは一体型の物ですが、3ピースかつ3箇所で止めているのでわりと使い勝手が良さそうです。だた、どれも着脱がマジックテープ式のようなので結構面倒だと思います。右翼団体の主催ということで特別に警戒していたのでしょうか。威圧的な鎮圧部隊がいると暴動を未然に防ぐ効果がありそうですがそれを狙ったのかもしれません。

■デモ隊は東電前で「隊列を整える」ということで、止まって抗議をしたのですが、ここで参加者のボルテージが一気に上がりました。映像の15分3秒、東電本社前で針谷議長が叫んでいた「この日の丸が見えるか。脱原発運動は左翼だけの運動じゃないんだ。」という言葉はとても印象的でその真剣さが伝わってきました。確かに、命の前に右も左も関係ありませんし、国民の自然な怒りの行動としてのデモはこれからもあり続けるべきだと思います。参加者の顔も真剣そのもので非常に感動しました。間違っている事に間違っていると自信を持って言える日本人が増える事を私は心から祈っています。

■今回は観て頂きたい部分が多過ぎたので20分を超える長いものになってしまいました。スピード感がある映像を好む私のデモ映像にしては今回は大分長いのですが、私の針谷氏に対する敬愛の表れでもあります。撮影中は絶対にしゃべらない私ですが、今回は針谷議長を見て「かっこいい…」とつぶやいちゃっていて、編集の時に声が入っていてカットした部分がありました。カメラマン失格ですね…。しかし、珍しいのは完成した動画が長かった事だけではなく、撮影した映像は「76カット・54分間」で、これ通常のデモに比べたらカット数は半分以下でした。今回は抗議のスピーチが長かったので自然と長回しになりました。約100分のデモで54分も回していた事からも分かるように、今回の写真は半分くらいノーファインダー撮影を行ないました。上に掲載してある写真も1/3くらいはビデオ撮影と同時に撮った写真です。

■私がデモで毎回必ず100%顔を合わせるのは・・・馴染みのデモ仲間、ではなく警察の方々なのですが、軍服や軍装品が大好きな私が警察の装備に興味を持ち始めるのにそう時間はかかりませんでした。警察官をよく見てみると階級によって制服の装飾が微妙に違う事が分かります。軍隊で言うところの、兵、下士官、士官、という大まかな階級の違いが見て取れます(※簡単な見分け方としては制帽に何らかの線があれば警部補以上=偉い警察官)。先日、警察官が手に持っていた白い棒にヒモ(ストラップ/下げ緒)が付いている事に気が付きました。上の3枚目の写真に写っている棒です。この白い棒の正式名称と、その棒に付いているヒモが階級によって色が違うのかどうかが気になりました。というのも、旧陸軍(大日本帝国陸軍)では士官が軍刀を佩用していたのですが、その刀緒(下げ緒)の色が階級によって異なっていました。将官(大将・中将・少将)が赤・金で、佐官(大佐・中佐・少佐)が赤で、尉官(大尉、中尉、少尉、准尉)が青でした。警察の棒のヒモも2色は確認できたので軍刀のヒモと同じで階級によって色が違うのだと思い、この日警備して頂いた警部(制帽の鉢巻き部分に金線1本)に聞いてみました。すると「よく見てるね!大隊長が紫で中隊長が茶色なんだよ。」と教えてもらいました。棒の正式名称は「指揮棒」だそうで、残念ながらヒモの正式名称は聞くのを忘れてしまいましたがこれで全てが繋がりました。「警視(=大隊長)の指揮棒のヒモ:紫」「警部(=中隊長)の指揮棒のヒモ:茶」ということでした。この指揮棒は中隊長以上が持つ物なのだと思います。以前テレビや写真で黄色(金色?)のヒモを見た記憶があるので、それは「連隊長(=警視正)」以上のヒモなのではないかと思っています。警察官の制服・装備品については今後も調査を続けたいと思います。

■ちょっと今回は余計な事を書き過ぎてしまったのですが、余計な事ついでにもう一つだけ。読売新聞社前を通過した辺りで、路上にいたスーツの男性がデモ隊の前方に位置していた警察車両に駆け寄り、「おい!!指導車がおせーからデモ隊が遅くなるんだよ!」と怒りの文句を言っておられました。この方は公安の方か偉い私服警官なのだと思いますが、これは運転手に言っても仕方がない気がしました。だけれども、この会話のおかげで先頭の車が『指導車』と呼ばれている事が判明しました。

■前に撮影をさせてもらった時もそうだったのですが、右から考える脱原発デモは、趣旨がハッキリしており主張もシンプルでとても共感できました。国を愛し国を、人命を守る事にイデオロギーは必要ないのかもしれません。


イデオロギー 捨てても欲しい 脱原発



[注1]:機動隊のボディアーマーは防弾性能はなく、棒で叩かれたりした時の為の耐ショック性能しかないそうです。
[注2]:やはり私の想像通り、機動隊のヘルメットは下に略帽を被ってから装着する為に特殊な形状になっているようです(帽子はヘルメットライナー代わり)。しかも、旧日本軍の鉄帽(鉄兜)の被り方と同じように帽子を逆さま(つばを後ろ)にして被る事も多いそうです。首ガードもはやりヘルメットに装着しているそうです。そうすると恐らくは「垂れ」という名称になると思います。

秋山理央


[PR]
by rio_nonukes | 2011-10-23 00:00 | デモ撮影記録

Rally for a Nuke-Free World in Japan - 2011.10.22



http://www.youtube.com/watch?v=OIlYpNO0kZw
撮影・編集:秋山理央
機材:SONY HDR-HC7、raynox HD-5050PRO、Hague Mini Motion-Cam


■10月1日に福島の原発事故に対して全米で起こった反原発アクションに呼応した『首都圏反原発連合』主催の脱原発デモ『Rally for a Nuke-Free World in Japan』の記録映像です。[ 公式サイト:Rally for a Nuke-Free World in Japan -原発のない世界を求める大行進-

■14:38に代々木公園を出発し、渋谷区役所前〜勤労福祉会館前交差点〜神南一丁目交差点〜神南郵便局前交差点〜宮下公園交差点〜宮益坂上交差点〜宮益坂〜ハチ公前交差点~ヤマダ電機前〜井の頭通り〜神南小学校下交差点〜神南郵便局前交差点〜東電電力館前交差点〜渋谷消防署前〜代々木公園まで約70分間かけてデモ行進をしました。

■告知期間が短かったのにも関わらず約800名の参加がありました。今回は警察官がとても多かったのですが、デモ隊の分断がなくまとまって行進が出来たので良かったです。(映像には園良太氏が軽やかにダンスしているカットもありますので探してみて下さい。)

a0222059_0121248.jpg

a0222059_0121475.jpg

a0222059_0121369.jpg

a0222059_012204.jpg

a0222059_0123663.jpg

a0222059_0124977.jpg

a0222059_013042.jpg

a0222059_0131551.jpg

a0222059_0132381.jpg

a0222059_0133893.jpg

a0222059_0135139.jpg

a0222059_014343.jpg

a0222059_014791.jpg

a0222059_0141765.jpg

a0222059_0142340.jpg

a0222059_015574.jpg

a0222059_0151770.jpg

a0222059_0154031.jpg

a0222059_0155358.jpg

a0222059_016889.jpg

a0222059_0162159.jpg

a0222059_01635100.jpg

a0222059_0164780.jpg

a0222059_0165950.jpg

a0222059_01799.jpg

a0222059_0172229.jpg

a0222059_017421.jpg

a0222059_0175277.jpg

a0222059_018464.jpg

a0222059_0181546.jpg

a0222059_0182676.jpg

a0222059_0184387.jpg

a0222059_0191577.jpg

写真撮影:秋山理央
PENTAX K20D、K-x
PENTAX DA18-55mm F3.5-5.6 AL、TAMRON SP AF28-75mm F2.8 XR



■このデモは『首都圏反原発連合!!』という、何だかとっても強そうで、とっても悪そうな名前のグループが主催していますが、別に震え上がる必要は全くありません。その名の通り、首都圏でデモをやっているいくつかのグループが一緒になってデモを行ないました。この構成グループは、Act 311 Japan安心・安全な未来を子供たちにオーケストラ「怒りのドラムデモ」実行委員会TwitNoNukesNO NONUKES MORE HEARTS野菜にも一言いわせて!原発さよならデモ、協力は、エネルギーシフトパレードたんぽぽ舎、です。これを機に各グループのHPのチェックをしてみて下さい。

■午前中は雨が降っていたのですが、デモが始まる頃には止んでくれていました。私は今回でデモ撮影は25回目(脱原発21回+他4回)になるのですが、これまでにほんのちょっと雨に振られた事はありますが撮影に支障が出るような雨に遭遇した事は一度もありません。私がデモに行くから晴れるのかは神のみぞ知るところですが、私はこれと言って取り柄のない男なのでここでは『晴れ男』という事にしてもらえると嬉しいです(笑)

■デモ隊の先頭は『安心・安全な未来を子供たちにオーケストラ』の方々が務められていました。台車に載せたドラムを叩くだけではなく、ガンガン熱いコールもしており凄いと思いました。映像の40秒〜1分7秒部分を観て頂ければ分かると思うのですがが、リズムに合わせてコールしているだけではなく、その間にメッセージも発しているのです。ドラムのリズムは正確に刻まれていっているので、限られた時間でメッセージを叫ばなくてはならないんどえすが、コールが間に合わないという事はなく素晴らしかったです。こちらのグループには様々な楽器を持った方もいたのでとても良かったです。

■毎度の事なのですが秀逸なプラカードや横断幕が多く感激します。『福島の子供はみんなの子供』という3名のご婦人が持っておられた横断幕があったのですが、正しくその通りだと思い私は心を打たれました。何が悲しいと言ったら子供たちが徐々に殺されている現状が悲しくて仕方ありません。子供は国の宝であるとかそんな言い方をせずとも子供たちを救うのは当然の事で最も優先すべき事だと思います。子供は自分の意志では避難も出来ないのです。誰が救うのかと言ったら大人しかいないではありませんか。似たようなメッセージで『福島のクソ教師どもはいいかげん目を覚ませ』というプラカードがありましたが、彼らは今が非常事態だとなぜ分からないのでしょうか。あとは、『七転八倒 放射能だしたり ばくはつしたり するほうが 自然なんだな げんぱつだもの』という、あいだみつを氏をイメージさせるプラカードを持ち、プルト君のお面を付けた参加者がいました。このような細かい芸当はどんどん続けて欲しいです。ユニークだったりインパクがあるようなプラカードも必要で、それによって心が動く人もいると思います。芸術がただの嗜好品ではないところを今見せてやろうではないですか!!

■興味深かったのは、アメリカのTVアニメ『ザ・シンプソンズ』のバートの被り物をした参加者がいた事です。上の写真だと真ん中くらいに位置している黄色い顔のキャラクターです。このバートというキャラの父親(ホーマー)は原子力発電所で安全検査官として働いているという設定で、もうこいつがホントいい加減なオヤジで事故を起こしまくるんですが、実のところ日本の原発もこのアニメのブラックジョークとほとんど変わらなかったという最悪の状態が明らかになりました。絶対的にアニメと違うのは現実では人命に関わる事なので決して笑うことができません…。もう既に国土の半分くらいが汚染されてしまっているのに原発の再稼働・新設を考えている政府与党の行動はブラックジョークとしか思えません。もう既に世界の笑い者になっているのに、これ以上ネタを提供する必要はないと思います。

■撮影していて一番驚いたのは、デモ隊の中にジーザスがいた事です。みなさんも驚かれたのではないでしょうか。大きな十字架を持ってジーザスが渋谷を歩いている姿には正直たまけました。これは、(新たな)十字架を背負って生きる事になった我々日本人を痛烈に批判しているように思えなりません。原子力政策への無関心が引き起こした惨劇を、もう二度と繰り返さない為にも私達一人一人が強い意志を持っていかなければならないと思います。背負った十字架は消える事はありませんが、反省できる部分は猛烈に反省して前に進んで行かなければなりません。

■デモが終わった後、大体の場合しばらくは放心状態になってしまいます。このブログの読者には耳にタコな話になりますが、デモ中はひたすら走っているのでもう終了時にはヘロヘロになっています。撮影中は極度の集中状態を維持しており、10kg超の装備品も、ひたすら走る事も何とも思いませんし、むしろ楽して得られるカメラアングルなんてろくなものがないと思っているので、労力を惜しまずとにかく動いて撮るようにしています。しかし、デモ後は集中やら緊張やらが解けてしまうので、どっと疲労がやって来ます。今回は冷たいコカ・コーラの差し入れを頂いたので、缶を片手にぼーっとしていました。実はこの後すぐに恵比寿公園出発の「TPP反対デモ」に行く予定だったのであまりのんびりもしていられませんでした。さあ行こうと『アミノバイタル スーパースポーツ』というゼリー飲料を飲みエネルギー補給をしたのですが、これがとてもマズく、もう行くのを止めようかと一瞬思ってしまいました。まぁ、それは半分くらい冗談なのですが、行くと約束していたので男秋山次の戦場へと歩を進めました。

秋山理央


[PR]
by rio_nonukes | 2011-10-22 00:00 | デモ撮影記録

怒りのドラムデモ - 2011.10.09



http://www.youtube.com/watch?v=ObuBZRIRz2U
撮影・編集:秋山理央
機材:SONY HDR-HC7、raynox HD-5050PRO、Hague Mini Motion-Cam


■東京都渋谷区で行なわれた脱原発デモ『怒りのドラムデモ』の記録映像です。作家で運動家の雨宮処凛さんも参加されています。[ 公式サイト:怒りのドラムデモ

■16:40頃に恵比寿公園を出発し、恵比寿南交差点〜駒沢通り〜明治通り〜宮下公園前~電力館前~ファイアー通り〜渋谷消防署前〜渋谷区役所前交差点〜ハチ公前交差点~ガード下~明治通り〜宮下公園前~神宮通公園まで約100分間かけてデモ行進をしました。

■参加者は1050名、その多くが様々な楽器や音の出る物を手に持ち、音をならしながら行進を行なった生サウンドデモです。

a0222059_232993.jpg

a0222059_233677.jpg

a0222059_233832.jpg

a0222059_234043.jpg

a0222059_234366.jpg

a0222059_234574.jpg

a0222059_234789.jpg

a0222059_23505.jpg

a0222059_235267.jpg

a0222059_235443.jpg

a0222059_235744.jpg

a0222059_235927.jpg

a0222059_24228.jpg

a0222059_24572.jpg

a0222059_24838.jpg

a0222059_261434.jpg

a0222059_262621.jpg

a0222059_264251.jpg

a0222059_265755.jpg

a0222059_272070.jpg

a0222059_273489.jpg

a0222059_274554.jpg

a0222059_275513.jpg

a0222059_2858.jpg

a0222059_282061.jpg

a0222059_284967.jpg

a0222059_283484.jpg

a0222059_29743.jpg

a0222059_291871.jpg

a0222059_292746.jpg

写真撮影:秋山理央
PENTAX K20D、K-x
PENTAX DA18-55mm F3.5-5.6 AL、TAMRON SP AF28-75mm F2.8 XR



■今回のデモは、このブログでもお馴染みの脱原発デモによく参加しているドラムチームの方々『怒りのドラムデモ実行委員会 (a.k.a.ドカドカうるさいマーチングバンド)』が主催した脱原発デモです。名前の通り、主に太鼓や打楽器を叩いて音を出しながらデモを行ないました。加えて、その他の楽器や楽器ではないけど叩いたり振ったりして音が出る物を各自持ち合わせ、抗議の爆音を発生させました。三連休の真ん中という事もあってか、多くの参加者が思い思いの音を出し大変な盛り上がりを見せました。プラカードのクオリティも高く、音声もビジュアルも良いデモでした。

■コースは約4.3kmと結構長かったのですが、参加者の声を聞いてみると「あっという間にゴールした」という意見が多いようでした。渋谷は高低差が激しく、毎度の事ながら撮影が大変でした。出発時は1グループだったデモ隊も、途中から信号機の関係で2グループに分けられての行進となっていました。デモ隊が分断されると撮影は大変で、もうひたすら両グループの往復の繰り返しです。デモ隊がゴールするまで走って走って走るのみです。今回はゴールが夜だったので照明機材もあり疲れ果て、撮影が終わった瞬間、地面にへたり込んでしばらく動けませんでした。

■撮影をしていたら「落としましたよ」と言って私のタオルを届けてくれた方がいました。走っている最中に落としてしまったタオルを心優しい参加者の女性が追いかけて届けてくれたのです。気に入っている物だったので本当に有難かったです。ただ、そのタオルがチェブラーシカのファンシーなタオルだったので受け取る時ちょっと恥ずかしかったです…。ちなみに、この親切な方は写真6枚目の面白いメガネをかけている方です。今度どこかで会っても顔が分からないのでお礼ができないのが残念です。本当にありがとうございました。

■夕方スタートのデモだったのでゴール時は真っ暗でした。登山用に買ったヘッドライトを2つ持って行って大正解でした。一つはスタート時から頭に装着していて、もう一つはレッグポーチに入れておき適宜左手で持って使いました。それぞれ、『GENTOS HW-777H』(200ルーメン:とても明るく調光しやすいが、光にムラがある)、『GENTOS HR-730HBK』(125ルーメン:光にほとんどムラがないが、調光の設定が記憶されない)、どちらもコストパフォーマンスの良いヘッドライトで、買って損はありません。終着地点は真っ暗だったので、照明を用意していかなかったら何も写っていなかったと思います。今回の映像は徐々に日が暮れていくのが分かる珍しい映像になりました。

■スタート地点は恵比寿公園で、ここは恵比寿駅と代官山駅の間くらいにあります。私は代官山駅から歩いて行きました。久しぶりに代官山を歩いたんですが、とても落ち着いていて良いところですね。山というだけあって、駅から公園に行くまで登って降りるのを2回繰り返しました。集合場所では、風船を今回も自主的に膨らませて参加者に配りました。デモとは関係ない公園で遊んでいた子供達が寄って来たのでその子達にもあげました。やはりデモ隊に風船があるとヴィジュアル的にナイスだと思います。余裕がある参加者は是非『風船』と『空気入れ』と『棒(←結構大事)』を購入し、風船を配って下さい。みんなで「見せるデモ」を作っていきましょう。

■よく「今日は良く撮れました?」と聞かれるのですが、実のところ"よく分からない"というのが正直な答えです。というのも撮影中は撮る事に必死でどんな映像を撮ったかあまり覚えていません。ワンカット撮ったらすぐに次の場所へ走って移動するので、撮影中は全く余裕が無いのです。写真に関しても同じで、ビデオの片手間で撮影しているので基本的にはあまりファインダーはのぞきません。もう構図は即決ですぐにシャッターを切ります。忙しいので一瞬で構図を決めて写真を撮っています。時間があればちゃんと撮りますが、アングルもピントも露出も結構いい加減です。勘と気合いだけで撮ってます。

■ビデオを撮影しながら頭の中では編集時の事もちゃんと考えています。前に撮影したカットを考慮し、「アングル(ハイアングル・アイレベル・ローアングル)」「被写体との距離」「デモ隊に対するカメラの位置(正面・背面・右側・左側)」「障害物の有無」「カメラワーク(固定・どういう動きをするべきか)」を瞬時に判断し、適切な位置へ移動し撮影を行ないます。同じような映像が連続するのは映像として面白くないので、なるべくカットにバリエーションを持たせるようにしています。その為、編集時に構成で悩む事はなく、カットする場所を選びリズミカルになるようにしていくのが編集のメインの作業です。また、私のこだわりとして撮った映像の時間軸を絶対にいじらないようにしています。音をずらす事も一切しませんし、全ての映像が撮影順になっています。

■私が編み出したデモ撮影のコツは「考えるより走れ」です。気になった撮影ポイントは、そこからどのような映像が撮れるかを考えるヒマがあったらすぐ走ってその場所へ行くべきです。デモ隊の歩行ペースはわりとゆっくりなので、ダメなら走って戻ってくればいいんです。悩んでモタモタしているのが最も無駄で、とにかくアングルの為に走るんです。そうやってデモの輪郭を形作っていき、表現するのが映像の醍醐味だと思います。

■記念すべき20回目の脱原発デモはこのドラムデモとなりました。何だかとても光栄です。この4ヶ月間で20本を撮影してきたのですから、月5本、つまり週1回以上のペースで脱原発デモを撮影してきたということになります。考えてみたらのんびり過ごした週末の記憶がないような気がします…。脱原発はただでさえスルーされがちな内容なので、中途半端ではいけないと思い主催者に負けないくらいの本気度で脱原発デモの撮影に取り組んできました。自分だけは真っ直ぐあり、デモの事実を記録し伝えるべきだと思っています。明らかにおかしい事がまかり通っている事に気付いてしまった以上、それに対するプロテストを行なわないのは同意しているのと同じ事だと思います。電気(お金)の為に、次の世代にこれ以上の負の遺産を残してはいけません。人間的な心を持ち合わせている方だったら必ず分かって頂ける事だと思います。

秋山理央


[PR]
by rio_nonukes | 2011-10-09 00:00 | デモ撮影記録

東京に原発を!デモ - 2011.09.25



http://www.youtube.com/watch?v=rqW2t6Wl0SQ
撮影・編集:秋山理央
機材:SONY HDR-HC7、raynox HD-5050PRO、Hague Mini Motion-Cam


全く新しいスタイルの皮肉型の脱原発デモ『東京に原発を!デモ』が9月25日に東京都千代田区で行なわれました。作家で運動家の雨宮処凛さんも参加されていました。[ 公式サイト:東京に原発を!デモ 安全だから!!

■14:30に常盤橋公園を出発し、数寄屋橋交差点〜土橋交差点〜JR新橋駅ガード下〜新橋駅日比谷口前交差点〜柳通り〜桜田公園まで約1時間かけてデモ行進をしました、その後、JR新橋駅前SL広場で約1時間の集会を行いました。

■約110名の参加者が、原発賛成の発言だけを信じるフリをしながらデモ行進を行ないました。映像の最後には主催者から脱原発スピーチもありますので、「これはけしからん!」などと怒らず最後までご覧になってみて下さい。

a0222059_15313417.jpg

a0222059_1531383.jpg

a0222059_15315333.jpg

a0222059_153204.jpg

a0222059_1532231.jpg

a0222059_1532642.jpg

a0222059_15322387.jpg

a0222059_15322628.jpg

a0222059_1532324.jpg

a0222059_15323419.jpg

a0222059_15324094.jpg

a0222059_15323873.jpg

a0222059_15324582.jpg

a0222059_15324930.jpg

a0222059_15325177.jpg

a0222059_1693748.jpg

a0222059_1695568.jpg

a0222059_1611146.jpg

a0222059_16124694.jpg

a0222059_16125798.jpg

a0222059_16171176.jpg

a0222059_16172120.jpg

a0222059_16225792.jpg

a0222059_1623102.jpg

a0222059_16232614.jpg

a0222059_1623306.jpg

a0222059_16234498.jpg

a0222059_22113745.jpg

- 「東京に原発を!」先導車 スピーチ -

放射能はですね、ニコニコしている人のところには来ません。
長崎大学の先生がおっしゃいます。
朝日がん大賞を頂きました、そういう立派な先生がですね、福島できちんと記録に残る形で仰ってますので、間違いありません。
原子力発電所を作る際には、是非、東京につくりましょう。

銀座でお買い物中のみなさん、お騒がせしております。
私達は、東京に原発を作って頂きたいと思って、こうして歩かせて頂いております。
デモ行進は民主主義の基本と申しますので、いましばらく道路をお借りいたします。
東京に是非、原子力発電所を作って頂きたいと。
日本の経済成長の為には原子力発電所が不可欠でございます。
ですから是非、東京に原子力発電所を作って頂きたい。
なにしろ、日本の原子力発電所は世界最高水準の安全性を有しておりますので、みなさん、不安になることはございません。
電線が少なくて済む、消費質に近い、東京にこそ原子力発電所はふさわしいでしょう。
なんといっても、世界最高水準の安全性ですから、これはもうご安心頂いても大丈夫でございます、と野田首相や山下俊一先生だったら仰って下さるでしょう。

仕事をしている皆様、お疲れ様です。ちょっとだけ聞いて下さい。
日本の経済成長の為には原子力発電所が是非とも必要でございます。
これをですね、作るにはできるだけ効率を良く作ります。
その為には、長い長い送電線を引っ張って田舎のほうに作るよりも、是非、大電力消費地東京のど真ん中に作りましょう。これがもっとも効率の良い原発の作り方です。
事故があったら怖いですか。
怖かったら、山下俊一先生のお話を聞きましょう。
朝日がん大賞を頂きました、今福島で立派な大学の先生しています。副学長です。お医者さんですよ。
しかも、長崎出身ですから、これ以上信頼できる先生はいらっしゃらないでしょう。
放射能、100ミリシーベルト以下なら安全です。
世界の基準?そんなの気にする事ありません。何てったって、朝日がん大賞の山下ですから。
ICRT?気にしない、気にしない。
ECCR?全然問題ありません。
朝日癌大賞の山下俊一先生によれば、ニコニコしている人には放射能は来ませんから。
クヨクヨしてはいけませんよ。クヨクヨすると健康によくありません。
いいですか、この辺にもですね、機械で測ればセシウムありますからね、みなさん、ニコニコしてないとやられちゃいますよ。
ニコニコしましょう。ニコニコしてれば大丈夫ですから、是非、東京に原発を作りましょう。

a0222059_16242312.jpg

a0222059_16245195.jpg

a0222059_16245721.jpg

a0222059_16251131.jpg

a0222059_16254127.jpg

a0222059_1626359.jpg

a0222059_16261315.jpg

- 911脱原発デモで不当逮捕されたフランク夫妻 スピーチ -

本当に911の時の逮捕、12人全員が何もしていない。普通に歩いていただけなのに連れられていったという、ちょっと彼は特殊なんですけど、他のみんなも本当に普通に歩いているだけで連れて行かれた。
コンビニにトイレに行ったりとか、それだけでデモ隊を広げたという事で、条例違反で逮捕された人もいます。
そういうデモの弾圧という事は、私達のデモの自由というのを弾圧するという事です。そういうことは一切許しちゃいけません。
逮捕されるべき人達は、そこにいる東京電力であり、SPEEDIのデータを公開してこなかった政府であり、私達は正当な事を言っています。
子供達を、未来を守る為に、今こういった行動をしているわけで、逮捕されるべきは私達ではありません。

みなさんに知って頂きたい。新聞は逆の事を言っています。
デモ隊がまるで暴力を警察にふるった、そういうような報道を大手新聞社、読売新聞さんや毎日新聞さん、そういった報道がありました。全くの嘘です。全く逆です。暴力行為をふるってきたのは警察のほうです。どちらかというと警察です。力ずくで持って行かれました。
動画を見られたみなさんはよく分かると思いますけど、私も被害者です。私も力ずくで引きずられ、その時に着ていた防護服やマスクは引きちぎられ、マスクは力ずくではがされ、旦那と引き裂かれ、そしてパトカーに乗せられました。そういう現実を許してはいけません。

そして、まだそういった事は続きます。
9月23日に新宿で、脱原発のデモではなかったのですが、そういった弾圧や差別を反対するという抗議のデモがありました。
そこでも不当逮捕がまたありました。その方はとても脱原発のデモでも先頭に立って頑張って頂いている方で、その方、今、48時間で拘留解けるかどうか分かりませんけど、引き続き、その方のご支援を頂きたいと思います。その方の為に、救援会のスタッフがカンパを集めますのでご協力頂ける方はよろしくお願いいたします。

みなさんで、表現の自由を守っていきましょう。
そして、正しい事は正しいって言える社会を続けなければいけないと思っています。

[動画]911脱原発デモで不当逮捕されたフランク夫妻スピーチ

a0222059_16264445.jpg

- 雨宮処凛さん スピーチ -

今日はこうして参加できてとっても楽しかったです。
楽しかったというか、いつもやっぱり、凄く悲壮感ではないけど、凄く辛い事を言わなくちゃいけないデモが多い中、こういう皮肉たっぷりで、プラカードも用意して、こう沿道の人達も凄くクスッと吹き出すような感じの、そんな反応を見て、あ、みんな凄い知ってるんだなと思いました。
誰がどういうことを言ってるのかとか、凄く知ってると思ったので、とってもそんな反応が良かったと思います。
いつもだったらね、世界に440機原発がある中の54機、1割以上が地震大国の日本にあるのがおかしいからやめよう、という話をするんですけど、今日は、そんなに絶対安全なら東京に作ろうというふうに言ってお話を終わりたいと思います。
今日は本当にお疲れ様でした。ありがとうございます。

a0222059_2165253.jpg

写真撮影:秋山理央
PENTAX K20D
PENTAX DA18-55mm F3.5-5.6 AL、TAMRON SP AF28-75mm F2.8 XR



■誤解して頂きたくないのですが、これは本当に原発を東京に誘致したいわけではなく、「安全なら東京に原発を作ればいいじゃないか」という皮肉を込めた脱原発デモです。このデモの主催者はイタリア人のアンジェロさん、紫色のHelp Japan! Tシャツを着ている方です。日本人には発想できなかった素晴らしいアイデアとセンスの斬新過ぎるデモでした。インテリジェンスとユーモアがほどよくミックスされており本当に関心しました。映像の最後にあるアンジェロさんの演説を聞けば、彼がまともな人間だと分かるはずです。

■映像を見てどうぞ笑って下さい。日本を代表するエライセンセーの発言がいかに非常識で胡散臭いかが分かると思います。彼らの多くは頭が狂っているわけではなく、人には言えない何らかの理由があってトンデモ発言をしています。利害関係があると人はここまで醜くなれるのですね。よく覚えておきましょう彼らの事を。どうやっても償うことの出来ない過ちを犯した優秀で高名な本来は尊敬すべき方々の事を。

■ご覧の通り、デモのスタイルも進化してきています。このデモに関しては賛否両論があるかもしれません。過激だ!とか、カルトだ!とか言われそうなスタイルですが、私はこのような方法のデモに大賛成です。ただ脱原発を叫ぶだけではなくこのように賢いレベルの脱原発デモも必要だと私は考えています。このデモが面白いと思った方には、広瀬隆氏の著書『東京に原発を』や山川元監督の映画『東京原発』をお勧めいたします。イタリアンジョーク・デモ最高!

■何故、東京や大都市に近い場所に原子力発電所を作らないのでしょうね。安全なはずなのにおかしいですね。電力消費地に近ければ送電ロスや送電コストも少なくて済みますし、そもそも日本の原発は世界最高水準の安全性があるので遠くに原発を作るのは合理的ではありません。どう考えても東京にも作るべきなんですが、何故か地方にばかり作られています。安全なのに何でなんでしょうね。頭が悪くて私には分かりません。エライセンセーどうか教えて下さい。

■先導車の大型スピーカーを使って「東京に原発を!」スピーチをされていたのは、たんぽぽ舎の原田さんです。あのしゃべりは、なかなか真似できない職人技です。本当に素晴らしい活躍でした。さぞ銀座の街の人々は驚かれたことでしょう。中には笑っている方もたくさんいましたし、インパクトがあったので印象に残ったのではないでしょうか。怒りをこういった形で表現するのも有効な方法なのかもしれません。

■参加者はそこまで多くはなかったものの、とても盛り上がったデモでした。毎度お馴染みのドラムチームは相変わらず格好良かったですし、作家で運動家の雨宮処凛さんが参加されており今回はカメラ目線も頂きました。また、9月11日の脱原発デモで不当逮捕されたフランク夫妻のスピーチがデモ後の集会でありました。奥様はスピーチの後、車の下で泣いておられたそうです。言論の自由を守り、不当逮捕を許してはなりません!

■デモ参加者の中にピンクのシャツを着た小さな女の子がいました。お父さんの肩に乗ったり、笛を吹いたりしているハーフの子です。私は何故か彼女に凄く気に入られて、近づく度に笑いかけられたりピースをしてくれたり頑張ってピーピー笛を吹きまくってくれました。近づくと私に反応して喜んでいる彼女の姿が映像で確認できると思います。デモ後は一緒に遊んだりして、帰る際には「もう帰っちゃうの〜」と言ってくれました。とてもかわいかったので持っていた駄菓子(梅ミンツ)をあげたのですが、口に合わなかったらしく「マズかった」と言われ返されました(笑)

■最近、冷房が身にしみると思っていたら体重が数キロ減っていました。忙しいと食べるのを後回しにしてしまったりしていたので数キロ痩せていました。どうやら脂肪が減ったようです。私の公式プロフィールを公開しますと、9月25日現在、身長177cmで54kg。身体が細いのは家系なのですが、以前はもう少し体重がありました。忙し過ぎる為か、体重が下降傾向にあります。重い物をよく持っているので身体は筋肉質なのですが、冷房に当たる度に凍えているという状況です。

■気付いたらこのデモは今月10回目の参加で、9月の土・日・祝に開催された全てデモを制覇しました。つまり、3日に1度のペースで脱原発デモに参加・撮影し、走り回っていた事になるわけです。体重は減っても脱原発への想いは少しも減りません。むしろ日に日に増えてきています。充分お分かりと思いますが、私は本気です。みなさん是非とも協力をお願いします。まずは自分から変わらなければ日本は変わりません。私は子供達を救いたいのです!共に立ち上がりましょう!

秋山理央


【関連リンク】院長の独り言:9.25脱原発デモ『東京に原発を!デモ』
 ※このデモで引用した原発推進派のセンセーの発言が間違いない事を紹介して下さっています。
[PR]
by rio_nonukes | 2011-09-25 00:00 | デモ撮影記録

9・24脱原発デモ@渋谷・原宿 - 2011.09.24



http://www.youtube.com/watch?v=nn7auVvgWfE
撮影・編集:秋山理央
機材:SONY HDR-HC7、raynox HD-5050PRO、Hague Mini Motion-Cam


■Twitter発の脱原発デモ第5弾『9・24脱原発デモ@渋谷・原宿』が9月24日に東京都渋谷区で行なわれました。[ 公式サイト:@TwitNoNukes ツイッター有志による脱原発デモ

■14:00に宮下公園を出発し、電力館前~ファイアー通り〜渋谷消防署前〜渋谷区役所前交差点〜ハチ公前交差点~宮益坂~青山通り~表参道~神宮前交差点~明治通り~神宮通公園まで約2時間かけてデモ行進をしました。

■参加者は1600名の2グループ分断行進、とにかく凄い数の人でした。第1グループは、「安心・安全な未来を子供たちにオーケストラ」台車ドラムチーム~一般参加者。第2グループは、「サヨナラ原発」横断幕~ドラムチーム~一般参加者。

a0222059_2025025.jpg

a0222059_202524.jpg

a0222059_20494788.jpg

a0222059_218057.jpg

a0222059_21804.jpg

a0222059_21857.jpg

a0222059_218849.jpg

a0222059_2181069.jpg

a0222059_2181041.jpg

a0222059_218374.jpg

a0222059_2183973.jpg

a0222059_2184457.jpg

a0222059_2184961.jpg

a0222059_2185680.jpg

a0222059_21941.jpg

a0222059_21111933.jpg

a0222059_21113389.jpg

a0222059_21114474.jpg

a0222059_2111524.jpg

a0222059_2112565.jpg

a0222059_21121423.jpg

a0222059_21123922.jpg

a0222059_21125034.jpg

a0222059_2113197.jpg

a0222059_21131414.jpg

a0222059_21134024.jpg

a0222059_21135174.jpg

a0222059_2114431.jpg

a0222059_21141144.jpg

a0222059_21142260.jpg

a0222059_21143492.jpg

a0222059_21145988.jpg

a0222059_21151057.jpg

a0222059_2115225.jpg

a0222059_21153312.jpg

a0222059_2115506.jpg

写真撮影:秋山理央
PENTAX K20D
PENTAX DA18-55mm F3.5-5.6 AL、TAMRON SP AF28-75mm F2.8 XR



■編集では、第1・第2グループがごちゃ混ぜになって連続していますが、実際には両者の差は何百メートルもあります。もう、毎度の決まり文句みたいになってきていますが、私とにかく走って走って走りまくりました。渋谷は坂が多いので本当に撮影が大変です。これ嘘でなく、デモ行進2時間のうち2/3は走っています。私の属性はカメラマンというより、重い物を持って走っている人だという事に今気付きました。今回はいつもより多く走ったので足の裏がジンジンします。参加者が多過ぎて移動する度に大声で叫んでいたので喉も痛いです。もっともっと参加者が増えて欲しいと願いつつも、これ以上増えたら撮影どうなるんだろうという思いもあります。まぁ、何があろうとも脱原発に向かって走り続けるつもりです。ゴールはあるんですから私はそこまで走ります。

■この脱原発デモ(通称:twitterデモ)の参加者数は一体どこまで伸びるのでしょうね。私は第3回から参加・撮影しているのですが、その期間の推移を見てみると、第3回:950名、第4回:1200名、第5回(今回):1600名。次回は2000名の大台に乗ってしまいそうな勢いがあります。この参加者数の増加は、映像や写真を見てもらえればきっと納得してもらえると思います。主催者だけでなく、参加者も色々な方法でデモを盛り上げてくれている点にこのデモの素晴らしさがあると思います。集合場所に行くと、風船を一生懸命膨らまして配っている個人の方や、自作の「脱原発」缶バッチを配っている個人の方がいます。楽器を持参し演奏しながら行進している方もたくさんいます。工夫されたプラカードを持つ参加者も多く見られます。ご老人、子供連れ、背広姿、仮装、ゴミを拾う人、様々な方がデモ隊の中にいます。真摯でありつつも笑顔が伴うという、このtwitterデモは持続可能なデモの理想的な形として存在しているのではないでしょうか。

■上で示した通り、私はこのデモへの参加は3回目になります。twitterデモのコースは毎回大体一緒なので、前回とは違うように撮影する事を心がけています。撮り方が同じでもほとんど気付かれないと思いますし、誰も何も言いませんが、私の表現者としてのプライドが許しません。あそこからはどう見えるのか、あそこから見るデモ隊と街の関係はどうなっているのか、という事にも興味がありますし、飽きさせない映像構成の為にも様々な位置やアングルからデモ隊を写したいと思っています。今回の映像に関して特筆する点としては、まずはスタート部分です。いつも正面からではつまらないので今回は木に登ってそこからデモ隊の出発(約6分間)の様子を撮りました。ここは出発する全員を見せたかったので早送りにしました。あとは毎回頭を悩ませる渋谷駅前の大交差点、今回は信号待ちをしている通行人の視点で捉えてみました。デモ隊という一つの対象をなるべく多方向(多視点)から写し、それがどういうものだったのかを浮き彫りにしていき、ちゃんと把握できるように、理想としては視聴者を参加しているような気持ちにさせる動画を目指し私は走り回って撮影をしています。

■珍しい事に今回のデモにはNHKインターナショナルと海外メディアが動画取材に来ていました。とても喜ばしいことなのですが、どちらも国内のニュースではないのが非常に残念でした。いつか私達が普段見るようなテレビ番組でデモや原発の事実を報道するニュースが流れることを願って止みません。明らかにおかしいこの事態に我慢ならず、私は立上がりました。誰も報道してくれないなら自分で報道してやろう、そういう気持ちで私は脱原発デモを撮り続けています。必ず注目される日が来る事を信じ突き進んで参りましょう。

■9月19日に行なわれた脱原発デモ『NO NUKES! ALL ST☆R DEMO 2011』 で初めて目撃したゴミを拾うデモ参加者は、今回のデモでも見かける事が出来ました。その数は増えており、何人もの方がゴミ拾いをしながらデモ行進を行なっていました。「それはとても良い事だと思い、前の人を見習って自分もそうしたかったからそうした。」そうです。彼らはデモ隊から出たゴミを拾い、それより多くの道に落ちているゴミを拾い、デモを行ないながら街の清掃もしていました。これはとても素晴らしい事だと思います。デモに参加するだけではもったいないと考えたのかもしれませんし、デモに対する風当たりを少しでも減らそうとして行なってくれたのかもしれません。いずれにせよ、デモ中ゴミ拾いを最初に始めた方を私は心から尊敬します。

■基本的に私はデモ後すぐに帰宅し編集を行ない、半日〜1日以内位で映像をYouTubeにアップするように心がけています。それは、速報性はとても重要だと考えているからで、誰かがデモの事実を知ってインターネットで検索してくれた時、何も有用な情報がなかったら多くの場合そこでその件は終わってしまい記憶には何も残りません。しかし、その時、そこに情報(しかも、ある程度の品質の動画)があったとしたら、その人はデモに興味を持ってくれるかもしれません。そのような思いと、あとは、勇気を出して参加してくれたデモ参加者に対し私の本気度を示したく思い、可能な限り素早い動画公開を行なっています。デモをやるならデモ後も徹底的にやらないといけないと思います!みんなでデモの事実を広く伝えましょう!情報の拡散もデモの一部です!

■この日の前日(9月23日)にも脱原発デモがあり、このデモ当日(9月24日)も撮影時に凄く走って疲れた為なのか、夜の8時頃に編集を始めた今回の映像編集、集中力が続かず終わったのは翌朝4時40分過ぎでした。そこから寝て起きて動画アップして、またデモ(9月25日)へ撮影に行き、帰ってきて編集〜アップをしました。最近、「自分はとても熱い男だ」という事に気が付かされました。何が私をこうさせるのでしょうか。そう先日、デモへ行く移動中の電車の中で本を読んでいたら、「俺にしかできないことは他の誰にも任せられず、俺にできないことは他にできるだれかにまかせる。」と、小説の主人公がこのように言っていました。これはどこか自分の今ある状況に似ているように思え、とても勇気づけられました。とにかく自分が頑張るしかないと今は曇りなくそう思っています。

■デモ当日は、たくさんの方に声を掛けて頂き激励して頂けました。私の撮影した映像や写真を見て「勇気づけられた」とか「励みになっている」というような有難いお言葉を数多く頂戴しました。でも、それはむしろ私のほうで、本当に多くの方々の声に励まされているからこそ私は頑張れています。そして、これもまた多くの方に「忍者みたい」と言われました。全体的に黒っぽい服装をしていて、素早い動きをしているのでそうイメージさせるようです。これ、デモに参加された方しか分からない事なので、この話はこの辺にさせて頂きます。twitter上でも多くのメッセージを頂き大変ありがたく思っています。みなさまの感想や意見、お言葉は本当に励みになっています。

■先日、『9.19脱原発デモ』の記事をアップしたら、たった1日で9,388アクセスもありました。その後も4桁のアクセス数の日が続き、大変驚きました。なんせ、このブログが約2ヶ月かけて稼いだアクセス数を1日間だけで超えてしまったのですからそれは驚きますよ。twitterやFacebookで拡散して下さり誠にありがとうございました。私のブログを見にきて下さっている方には本当に感謝しています。デモ後のアピールとしては大成功だったと思っています!!正直なところ、ここまで凄いアクセスがあるブログになるとは思っていませんでした。まぁ、なんと言いますか、1万人以上の方に私の顔写真が見られた事に対し、急に恥ずかしさを感じてきました。実名、顔出しでアピールした方が本気度が伝わると思い左上の怒っている私の写真を載せました。このブログは脱原発デモのレポートというより、軽いエッセイみたいなスタイルですが、もしよろしければ私のブログをこれからも宜しくお願いいたします。読んで下さり、ありがとうございました。


■今回もここに載せきれなかった写真があります。合計89枚の写真をZIPファイル(約10.1MB)にして こちら にアップしておきました。ご興味のある方はダウンロードしてみて下さい。商用以外の転載は自由です。脱原発デモの事実を広めて頂ければと思います。

秋山理央


[PR]
by rio_nonukes | 2011-09-24 00:00 | デモ撮影記録

さよなら原発ウォーク@板橋 - 2011.09.23



http://www.youtube.com/watch?v=lgI6jpc2klI
撮影・編集:秋山理央
機材:SONY HDR-HC7、raynox HD-5050PRO、Hague Mini Motion-Cam


■東京板橋区で行なわれた脱原発デモ『さよなら原発ウォーク@板橋』の記録映像です。[ 公式サイト:さよなら原発ウォーク@板橋

■11:23に高島平2丁目団地 お山の広場を出発し、赤塚公園前〜徳丸ヶ原公園前交差点〜高島平九丁目公園まで約1時間かけてデモ行進をしました。

■参加者は370名、そのほとんどが年配者でした。初めはわりと静かだったデモ隊も後半には結構な盛り上がりを見せました。

a0222059_8471912.jpg

a0222059_8472110.jpg

a0222059_8472314.jpg

a0222059_8473031.jpg

a0222059_8473561.jpg

a0222059_8491121.jpg

a0222059_8474126.jpg

a0222059_8474319.jpg

a0222059_8493397.jpg

a0222059_8495945.jpg

a0222059_8502886.jpg

a0222059_8505462.jpg

a0222059_851429.jpg

a0222059_8514250.jpg

a0222059_914976.jpg

a0222059_9144724.jpg

a0222059_9151128.jpg

a0222059_9153328.jpg

a0222059_916219.jpg

a0222059_9224774.jpg

a0222059_9243371.jpg

a0222059_9245338.jpg

a0222059_925862.jpg

a0222059_9255143.jpg

a0222059_9261243.jpg

a0222059_9263456.jpg

写真撮影:秋山理央
PENTAX K20D
PENTAX DA18-55mm F3.5-5.6 AL、TAMRON SP AF28-75mm F2.8 XR



■都営三田線「高島平駅」を降りてすぐにある団地の広場が集合場所で、そこで集会をやってからデモ行進を行ないました。先日の明治公園で行なわれた過去最大の脱原発集会・デモの影響なのか、主催者側の努力なのか、相当数の参加者が私の目に入ってきました。ここは都内と言っても巣鴨から私鉄で10駅20分の位置、ごく普通の住宅地で決して人が集まりやすいとは言えません。おそらく、参加者のほとんどが近隣の住民の方々だったはずです。約400名の地元民が集まって地元でデモを行なうというのはとても大きな意味があると思います。まずは自分。まずは自分が変わらなければならない、そのような意識が人々の間に芽生えてきてくれているのかもしれません。もしそうだとしたら私はこれほど嬉しい事はありません!

■映像や写真をご覧頂ければ分かるように、参加者のほとんどが年配の方々でした。私は何故かおばちゃんにモテるので、とても撮影しやすかったです。そして、車椅子の方や電動カート、ベビーカーでの参加者や杖をついておられる参加者もいました。このような方々はなかなか遠くに行く事は難しいと思います。家の近くで行なわれる地域密着型のデモがあるとこういった方々も参加しやすいので、是非とも地元に根ざした脱原発デモをこれからも開催して頂きたいと思っています。民衆がいつまで黙っているとは思うなよ!!

■そういえば、今回のデモへは珍しく同行者がいました。地元の同級生と一緒に行き、新しい試みとして風船を自力で膨らませて約30個ほど参加者に配りました。せっせと風船を膨らませていると、一人の女性が私に声をかけてくれました。彼女は北海道から東京へ来ている最中で、デモがあったから参加したというレアな人物。もちろん風船チームへ強制徴用しました。初対面なのに文句言わず、私達より真剣に風船を量産してくれて非常に助かりました。私がどうこうせずとも主催者が大量の風船(しかも浮くタイプ)を用意してくれていたので、ヴィジュアル的に良いデモになりました。もちろん努力して生み出した私達の風船も映像にちょいちょい写ってくれてGOODでした。ただね、デモ行進前に風船を膨らませたので、出発時には既にクタクタ…次からは膨らんでない風船を参加者へ配る事を検討しています…。

■今回初めて高島平という街へ行ったのですが、とても落ち着いていて住みやすそうな場所でした。活気のある商店街があったり、何となくのんびりしてたり、大きい団地があったりで(←私の地元にも辻堂団地があるので)好感が持てました。実は、デモ撮影の前に行きの電車内に水筒を忘れてきてしまったのですが、高島平駅の親切な駅長さんが捜して下さり、すぐに私の元へと戻ってきました。おっちょこちょいな人間にも優しい高島平に幸あれ!


a0222059_9265575.jpg
[おまけ]風船を膨らます私達(疲れる前)

秋山理央


[PR]
by rio_nonukes | 2011-09-23 00:00 | デモ撮影記録

NO NUKES! ALL ST☆R DEMO 2011 - 2011.09.19



http://www.youtube.com/watch?v=Hl9dPk86LOU
撮影・編集:秋山理央
機材:SONY HDR-HC7、raynox HD-5050PRO、Hague Mini Motion-Cam


■東京都渋谷区で行なわれた脱原発デモ『NO NUKES! ALL ST☆R DEMO 2011』の記録映像です。デモ前後に行なわれた集会では、俳優の山本太郎さんのスピーチや、久保田麻琴さん、PANTAさん、中西俊夫さん、MIYAVIさん、Likkle Maiさん、らのスペシャルライブがありました。[ 公式サイト:NO NUKES! ALL ST☆R DEMO 2011

■13:32に代々木公園を出発し、渋谷区役所前〜ハチ公前交差点~宮益坂〜宮下公園前〜東電電力館前〜ファイアー通り〜渋谷消防署前〜五輪橋〜代々木公園まで約70分間かけてデモ行進をしました。

■参加者は約1500名という大人数にも関わらずデモ隊の分断はありませんでした。同日に行なわれた『さようなら原発 集会・デモ』(明治公園:参加者6万人)と渋谷のお祭りで警察は手一杯で、警備に割ける人員の数が少なかったのではないでしょうか。

a0222059_3492773.jpg

a0222059_3493175.jpg

- 山本太郎さん スピーチ -

本当に酷い状況です。テレビ、新聞で本当の事、流れません。
その為に、やっぱり僕声を上げましたけども、今、収入、1/10以下です。そんな状況です。
当然、そういう目にあうということは、他の人が声を上げる可能性っていうのは凄く少ないというわけです。
でも、やはり、どうして声を上げなきゃいけないのか。それくらい、今、危機的な状況だと思います。今、声を上げて行動に移さなかったら、この先の日本はないと思います。
で、今この状況に対してちゃんとした行動をとれる政治家というのは本当に一握りしかいなくて、その他の人達は、ずっと、どうなるんだろう、どうやれば自分達の得になるだろうということだけを見ていると思います。

今、僕達にできること、あります。
それは、やはり、各自分達の選挙区の政治家の所に行ってプレッシャーをかける。
これ、先日、河野太郎さんとお話しさせて頂いた時に、もちろん、ブログでも言われていたんですけれども、直接お話を聞いてもやはりそう言われてました。
署名を集めても、もちろん僕は意味はあるとは思うんです。でも、ああいう立場の方々からすると、署名をしようがデモをしようが、痛くもかゆくもない、と。
それぞれに意味があると思います。僕は。でも、政治家からしたら、デモも署名もほとんど意味のない事なんです。

一番しなきゃいけないことは、それぞれの選挙区の代議士の所に行って、例え代議士がいなかったとしても、その秘書の方々にしっかりとメッセージを伝える。どういう立ち位置で行くのかということをはっきりさせる。それがはっきりしない人達は次の選挙で落とす。
それを絶対確実にしていかないと、たくさんの人が健康被害にあって僕達の利益というのを守れないと思います。
今、政府がやっているのは完全な見殺しです。切り捨てです。非人政策です。
同じ日本人として、不条理、不利益を被っている人達がいれば手を差し伸べる、これ当たり前の事じゃないですか。

デモ、署名。
デモにも意味があると思っています。僕は。
例えば署名、それは目を見てしっかりと自分達の思いというのを伝える事ができると思うんです。
テレビ、新聞で流れないならば、こうやって草の根をやって行くしかない。それでしか変えられない状況にきています。
そして、デモ。デモを見て本当の情報を知らない人達は、渋滞の原因になってうっとおしい、過激派だ、極左だ。そんな事を言います。でも、そうじゃない。
この問題は集束していないって事を、やっぱり多くの人に、視覚的に訴える効果があると思う。
そして、普段は一人一人行動している僕達が、これだけの仲間がいるんだという事を勇気づけてもらえるというか、背中を押してもらえる機会だと思うんです。
だから、署名もデモも、そして何よりその代議士にプレッシャーをかけ続ける事。この市民の動きが本気にならないと、このまま行くと日本は核廃棄物の置き場になる事になると思います。

今、立上がる大人、本気の大人、そう言う人達が一つになる必要があると思うんです。
どうぞ諦めず、みんな頑張っていきましょう。
よろしくお願いします。

先日の新宿デモの時のように逮捕者があってはならないので、どんな挑発にも乗らない。
同じレベルにはならない。僕達にはもっと高い意識というか、実現しなければいけないことがあるので、一人でも仲間を捕えられるわけにはいかない。
絶対にやらなければいけないことがあると思うんです。
高濃度汚染地域から人々を疎開させる、今、集団訴訟やってます。こちらの方でもちょっとでも余裕がある方は、カンパをしたりだとか。本当に原発一斉停止しなければいけないとか、やらない事、同時にやらなきゃいけない事があります。
本当にみなさんの協力が必要です。草の根で諦めずにやっていきましょう。
よろしくお願いします。

a0222059_3493332.jpg

a0222059_14553685.jpg

- MIYAVIさん スピーチ -

俺自身、全然、放射能、原子力発電に関しての知識は、ここにいるみなさんよりはあまりないんですけども、一人の日本人として、二児の父として、原子力発電と隣り合わせで生きられるかという事に対しては、本当に俺はNO!を叫んで行きたいなと思っています。
今日一日通して、日本から世界に対しても叫んでいければいいかなと思っていますので、よろしくお願いいたします。

a0222059_3494132.jpg

a0222059_14231670.jpg

- PANTAさん スピーチ -

今までこういう原発問題に関わるのは、自分みたいな者が関わると、みなさんの純粋な気持ちをですね、何か変に揶揄されて、こう政治的な方向へ持ってかれるんじゃないかと思って、凄くこう、躊躇してたんですけども、原発問題に関してはですね、もう選択肢はないと思います。
もうこの期に及んで、いまだ原発推進する奴の気が知れない、というか、もう選択肢はないと思います。
まぁ、そんなわけで、今日はくれぐれも、特に俺たちの世代の人達、ジグザグデモなんかしないように(笑)
ハッピーに最後までいきましょう!

a0222059_349447.jpg

a0222059_14401140.jpg

a0222059_3494699.jpg

a0222059_3495458.jpg

a0222059_349563.jpg

a0222059_3495959.jpg

a0222059_3501655.jpg

a0222059_3501977.jpg

a0222059_3502635.jpg

a0222059_14422655.jpg

a0222059_350382.jpg

a0222059_3504284.jpg

a0222059_3504842.jpg

a0222059_14444980.jpg

a0222059_3512234.jpg

a0222059_3513259.jpg

a0222059_352410.jpg

a0222059_3514714.jpg

a0222059_3521864.jpg

a0222059_3525445.jpg

a0222059_353557.jpg

a0222059_3531457.jpg

a0222059_3533155.jpg

a0222059_3534389.jpg

a0222059_3535784.jpg

a0222059_354928.jpg

a0222059_3542258.jpg

a0222059_3543253.jpg

a0222059_3544192.jpg

写真撮影:秋山理央
PENTAX K20D
PENTAX DA18-55mm F3.5-5.6 AL、TAMRON SP AF28-75mm F2.8 XR



■9/11〜9/19は「9月脱原発アクションウィーク」として、全国各地で脱原発イベントが多く開催されました。その締めくくりの9月19日(敬老の日)に東京都新宿区の明治公園で過去最大規模の脱原発集会『さようなら原発 5万人集会』が6万人以上を集めて行なわれました。言うなれば、その裏でこの『NO NUKES! ALL ST☆R DEMO 2011』は行なわれたのですが、こちら(代々木公園)にも相当な数の人々が集まりました。

■俳優の山本太郎さんがデモ出発前の集会に駆け付けて頂き、熱のこもったスピーチをして下さいました。上にほぼ全文を載せましたが、とにかく一人一人がちゃんとした強い意志を持ち脱原発を目指していかなければなりません。地道な活動を続け、少しずつでも前に進んでいかないと日本が滅んでしまうという、少しも笑えない状況が今ここにあります。

■とても個人的な事で恐縮なのですが、私の父親がPANTAさんの大ファンで小さい時からPANTAさんの曲を聞いていたので、生で歌が聴けて本当に感激しました。PANTAさんは『さよなら世界夫人よ』を歌われたのですが、まったく変わらぬ歌声で本当に素晴らしかったです。この集会でスペシャルライブをして下さり、明確に脱原発の意志を示して下さった久保田麻琴さん、PANTAさん、中西俊夫さん、MIYAVIさん、Likkle Maiさん、らは本当のアーティストだと思います。

■今回のデモ行進では、隊列の分断がなく約1500名の参加者が1グループで渋谷の街を歩きました。映像には出てきていませんが、福島県の飯舘村生まれの牛を載せたトラックが先頭を行き、その後を何百メートルもの人々の列が続きました。中にはゴミを拾いながら歩いているデモ参加者もおり、デモ隊が通った道がきれいになるという現象が起こっていました。確実に日本のデモは進化してきています。

■旗、風船、横断幕、着ぐるみ、ピエロ、楽器、コスチューム、Tシャツ、バッチ、傘、プラカード、などなど、このデモでは見せる努力が非常になされており、撮影している人間として感激しました。また、今回はカメラを所持している参加者も多く、是非とも脱原発デモに参加したら写真を撮ってネットにアップして頂きたい!基本的にはどこの報道機関も報道してくれないので、自分自身でアピールが大切です。全員が写真をばんばんアップしたら報道されたのと同じ効果があるはずだと私は思っています。携帯のカメラでいいんです。一枚の写真が世界を動かす事だって絶対にあり得ます。

■2日前の立川デモでもお見かけしたLikkle Maiさんはデモ行進にも参加されており、元気なかけ声でデモを盛り上げていました。また、よく見ると何かおかしい黄色いクマの着ぐるみもデモ隊にいました。これは着ぐるみの着崩しなのでしょうか。悪くないと思います。その他、『野菜デモ』チームや『twitterデモ』チーム、よくご一緒するイルコモンズさんのドラムチームも参加されていました。そういえば今回初めて映像に早送りを使ってみました。参加者の多さが分かると思います。

■代々木公園の近くに止めてあった大型バスの窓に『放射能のない福島を返せ』という文字がありました。聞けば、1000人以上の方々がバス十数台に便乗して福島からやってきたそうです。多くの方々は明治公園へ行かれたのですが、一部の方はこちらのデモに参加し一緒に声を上げました。原発問題は決して遠い所の問題ではなく、私達日本人にとって本当に切実な問題です。これを機会に真剣に考えてみてもらえたら嬉しいです。

■どうやら、私もほんの少しだけ知られるようになってきたみたいで、最近はデモに行く度に参加者の方々から温かい声をかけて頂けるようになりました。ご婦人方に声援を頂いたり、おじさんに猛烈に激励されたり、いきなりやって来たピエロに「いつもブログ見ています!素晴らしいです!本当にありがとうございます!!」と最高の言葉をもらいつつも脅えたりしていました。撮影から公開までに相当な時間と手間が掛かりますし、お金も結構かかっています。何かと負担ばかりですが、こうして頂けるお褒めの言葉は私の心の栄養となっています。ただ、目的は評価される事ではなく、「日本の脱原発ムーブメントの後押し」と考えています。それは、実際に参加するだけがデモではなく、デモ後に動画・写真を使ってデモがあったという事を少しでも多くの人に知らせるのもデモの一部であると思うからです。その為の素材作りを私は担当しているだけです。ここで終わりではありません、このブログ記事の公開がデモの続きなのです。声を上げていく人々が増えてくれる事を私は願って止みません!もう日本に選択肢はないのです!!


■今回もここに載せきれなかった写真が多くあります。せっかくなので合計112枚の写真をZIPファイル(約12.5MB)にして こちら にアップしておきました。貴重なオフショット多数ですので、ご興味のある方はダウンロードしてみて下さい。

秋山理央


[PR]
by rio_nonukes | 2011-09-19 00:00 | デモ撮影記録

第3回 原発はいらない西東京デモ - 2011.09.18



http://www.youtube.com/watch?v=1-b350Mlzo4
撮影・編集:秋山理央
機材:SONY HDR-HC7、raynox HD-5050PRO、Hague Mini Motion-Cam


■東京都西東京市で行なわれた脱原発デモ『第3回 原発はいらない西東京デモ』の記録映像です。[ 公式サイト:原発はいらない西東京集会実行委員会

■16:42にあらやしき公園を出発し、25号線〜踏切〜中町交差点〜文理台公園まで約50分間かけてデモ行進をしました。踏切を通過するというちょっと珍しいコースでした。

■参加者は150名弱。地域密着型で、小規模でも地域から「原発はいらない」とアピールしていこうという趣旨の脱原発デモでした。

a0222059_1284659.jpg

a0222059_128491.jpg

a0222059_1874118.jpg

a0222059_1285159.jpg

a0222059_1285516.jpg

a0222059_1285621.jpg

a0222059_1285938.jpg

a0222059_12921.jpg

a0222059_129421.jpg

a0222059_129630.jpg

a0222059_129898.jpg

a0222059_1291167.jpg

a0222059_1291252.jpg

a0222059_1291584.jpg

a0222059_1291761.jpg

a0222059_129203.jpg

a0222059_12103865.jpg

a0222059_12105022.jpg

a0222059_12111261.jpg

a0222059_1211223.jpg

写真撮影:秋山理央
PENTAX K20D
PENTAX DA18-55mm F3.5-5.6 AL、TAMRON SP AF28-75mm F2.8 XR



■今回のコースは全長約1.6kmと距離的にはとても短くてすぐに終わるかと思われたのですが、まさかの踏切で15分待ち…。所要時間の約1/3が踏切待ちに費やされたというとても珍しいデモとなりました…。ただ、踏切待ち中に参加者同士が話したりできたので交流は深まったのかもしれません。私も踏切待機中に参加者の方から声を掛けて頂き色々とお話しが出来て良かったです。

■地域密着型の脱原発デモの場合、わりと平均年齢が高く年配の方々の姿を多く見ることが出来ます。このような方々の参加は絶対に意味があると思います。そもそも参加がしたいと思っている年配者も多いようです。「今回の原発事故は悔しくて仕方がない。原子力政策を容認した私達のせいでもある。」というような事を実際に仰られた方もおり、小さくても良いのでこれからも脱原発デモを日本全国で続けて行くべきだと思います。自分と変わらないごく普通の市民が脱原発の意思を持っている事が無理なくアピールできると思います。

■私事なのですがこの日はとても忙しかったです。このデモへは、仕事の合間に頑張って作った3時間半を利用して参加しました。デモのほんの少し前まで新宿で撮影を行っていたので、歌舞伎町から猛ダッシュで保谷駅へ向かいました。駅のコインロッカーに機材を預けて集合場所へ向かったのですが、どこにあるのか分からずどうしようかと困っていたら、赤い反核ヘルメットを被った過激派みたいな人が『反核』というデカイ旗を持ってやってきたのでどうにか公園へたどり着く事ができました。そんなこんなでデモ終了後、急いで渋谷に向かいギリギリ次の仕事に間に合いました。渋谷の現場でスタッフの方から「デモで撮影していたのを見ました」と声をかけられたのには驚きました。

■脱原発という要求はごく自然なものだと思います。今回の福島原発事故でそれが原爆で発電しているということがよく分かったと思います。広島・長崎に投下され無数の人々を一瞬で消し去ったあの核の炎で電気を作っているのです。危険さ、残酷さを身を持って学び、よく分かっていたはずの日本人として、ここまで原子力発電所が増えてしまった事は本当に残念で仕方ありません。とにかく頑張って止めましょう!一人一人の力で日本を変えれば良いのです!!

秋山理央


[PR]
by rio_nonukes | 2011-09-18 00:00 | デモ撮影記録