秋山理央が撮影した原発デモ


by rio_nonukes

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

【一言】

政府に対して怒っている映像ディレクター秋山理央が個人的に記録している脱原発関連の映像です。
今声を上げなければ日本に未来はありません。
動画やブログはリンクフリー&拡散歓迎!

※動画をDLして再アップや加工、画像の無断転載はご遠慮ください。

★意見・デモ情報募集中★
メッセージを送る

ABOUT ME
YouTube
Facebook
Twitter
Twilog


【支援金口座】
[ゆうちょ銀行から]
口座:ゆうちょ銀行
記号:10210
番号:86757101
口座名:アキヤマ リオ

[他金融機関から]
口座:ゆうちょ銀行
店名:0二八(ゼロニハチ)
店番:028
預金種目:普通
口座番号:8675710
口座名:アキヤマ リオ

支援金会計報告

【雑誌連載中】
月刊『紙の爆弾』にて、写真ルポ連載中(毎月7日発売)


以前の記事

2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月

タグ

(35)
(32)
(26)
(8)
(4)
(3)
(3)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)

最新の記事

会計報告:2014年11月
at 2014-11-30 12:00
会計報告:2014年10月
at 2014-10-31 12:00
会計報告:2014年9月
at 2014-09-30 12:00
会計報告:2014年8月
at 2014-08-31 12:00
会計報告:2014年7月
at 2014-07-31 12:00
大MAGROCK vol.7..
at 2014-07-19 00:00
2014年6月の脱原発関連動..
at 2014-06-30 23:59
会計報告:2014年6月
at 2014-06-30 12:00
2014年5月の脱原発関連動..
at 2014-05-31 23:59
会計報告:2014年5月
at 2014-05-31 12:00
2014年4月の脱原発関連動..
at 2014-04-30 23:59
会計報告:2014年4月
at 2014-04-30 12:00
2014年3月の脱原発関連動..
at 2014-03-31 23:59
会計報告:2014年3月
at 2014-03-31 12:00
2014年2月の脱原発関連動..
at 2014-02-28 23:59
会計報告:2014年2月
at 2014-02-28 12:00
2014年1月の脱原発関連動..
at 2014-01-31 23:59
会計報告:2014年1月
at 2014-01-31 12:00
2013年12月の脱原発関連..
at 2013-12-31 23:59
会計報告:2013年12月
at 2013-12-31 12:00

twitter

その他のジャンル

画像一覧

記事ランキング

2011年 11月 13日 ( 1 )

脱原発アートパフォーマンス「暗い日曜日」第二弾~原発葬儀デモ~ - 2011.11.13



http://www.youtube.com/watch?v=09HVziTEiGk
撮影・編集:秋山理央
機材:SONY HDR-HC7、raynox HD-5050PRO、Hague Mini Motion-Cam


■日本全国にある原発が役目を終えて廃炉になるよう願いを込め、原発の生前葬として行った脱原発デモ『「暗い日曜日」第二弾~原発葬儀デモ~』の記録映像です。このデモは、喪服(黒い服)の着用が参加条件でした。[ 公式サイト:暗い日曜日

■14:30に宮下公園を出発し、東電電力館前交差点〜神南郵便局前交差点〜宮下公園交差点〜明治通り〜神宮前交差点〜表参道〜表参道交差点〜根津美術館前交差点〜青山墓地中央交差点〜日本学術会議前交差点〜青山公園まで約1時間かけてデモ行進をしました。

■参列者は約80名。道行く人々から怪訝な顔をされていましたが、立ち止まって見物する人が大勢おり、参加者数や音量のわりに注目度は高かったように思えました。

a0222059_1182941.jpg

a0222059_10414110.jpg

a0222059_10414234.jpg

a0222059_10414666.jpg

a0222059_10414683.jpg

a0222059_1042166.jpg

a0222059_10422180.jpg

a0222059_1185958.jpg

a0222059_10422752.jpg

a0222059_10423257.jpg

a0222059_10423457.jpg

a0222059_1042416.jpg

a0222059_10424331.jpg

a0222059_1042463.jpg

a0222059_10425178.jpg

a0222059_10582434.jpg

a0222059_1042551.jpg

a0222059_10463774.jpg

a0222059_10464826.jpg

a0222059_10465875.jpg

a0222059_1047944.jpg

a0222059_10472764.jpg

a0222059_10473726.jpg

a0222059_10474632.jpg

a0222059_10475598.jpg

a0222059_10481217.jpg

a0222059_10481932.jpg

a0222059_10483934.jpg

a0222059_10485022.jpg

a0222059_10485874.jpg

a0222059_1049621.jpg

a0222059_1049183.jpg

写真撮影:秋山理央
PENTAX K20D、K-x
PENTAX DA18-55mm F3.5-5.6 AL、SMC PENTAX 135mm F3.5、TAMRON SP AF28-75mm F2.8 XR



■このデモ(アートパフォーマンス)は今回で2回目になります。前回のテーマは「無音デモ」という事だったので、プラカードや服装など音を出さない手段で「反原発」「脱原発」のアピールをしました。(→第1回『暗い日曜日』)そして、今回のテーマは「お葬式」で、参加者(参列者)は喪服や黒い服を着てデモ行進を行ないました。このデモに対し、「お葬式なんて不謹慎だ。頭が狂っている。」という意見があったようですが、私はアートが脱原発を引っ張って行くべきだと考えていますので、このようなアーティスティックなデモは全面的に応援しています。もっとどんどんやるべきだと思ってます。確かに、お葬式というのはデリケートな事柄であるとは思いますが、言ってしまえば、本物のお葬式を避ける為にこういうお葬式をしているわけです。事実として人が死んでしまう事故が原発で起こっているのが今の日本なのですから、このデモを批判している暇があったら原発の批判をして下さい。

■前回の暗い日曜日(無音デモ)はインパクトがあったようで、脱原発デモ業界で話題になりました。私が撮影した前回のデモの映像を見て、「次があったら行きたい」と思ってくれた方は結構いたみたいで、何人かは今回のデモに来て下さったようです。11月13日(日)に行なわれた2回目の『暗い日曜日』は、葬儀デモという事だったので黒ずくめの集団がぞろぞろと歩く風景が都会に現れました。沿道からは「怖い」「キモい」「宗教?」「お葬式?」「危ない人達?」等という声が聞こえてきました。道行く人のかなり多くが立ち止まってデモ隊を眺めていました。インパクトを与えるだけでは意味がありませんが、注意を引かなければ何にもなりませんので、黒服スタイルは効果的なアピール方法だったと思いました。

■アートパフォーマンス『暗い日曜日』の良いところは、「アートパフォーマンス」とうたっているわりには参加のハードルが低い点にあると思います。第1回の参加条件は「音を出さない。顔を出さない」のみ、第2回の参加条件は「喪服(黒い服)」着用」のみという一般人でも簡単に条件をクリアー出来きるのです。100名以下でこれだけのインパクトを作り出す事が出来れば大成功と言っても良いのではないでしょうか。第3回はまだ未定ですが、もっと多くの方に参加してもらいたいものです。

■参加者のユニークさは映像や写真でも分かる通りで、とても素晴らしかったです。キョンシー、カオナシ(『千と千尋の神隠し』)、竹馬に乗ったピエロ、お経を上げる方、ハンカチを持ってひたすら泣いてる方、牛の頭蓋骨を被った牛(?)、アノニマス仮面など怪しさ抜群でワクワクしました。やはりアーティステックな感じの方が多かったです。(ちなみに、アノニマス仮面を被ってチーンをしていたのはイル・コモンズさんです。)そして、プラカードも秀逸な物が多く「死の灰で死の肺」「臨界です。臨終です。臨席します。」そして原発の遺影や位牌。「原發」と書いてある大きな布を引きずっている二人の女性もいました。意外にも、わりと広い年齢層の参加があったので、単なる過激なパフォーマンスにならなくて良かったです。

■今度、京都で開催されるドラムデモへの遠征費用のカンパを親切な方が私の代わりに集めて下さいました。今回だけで20,270円もして下さいました。本当にどうもありがとうございます。デモの記録は少しもお金にならないだけではなく、撮影に行けば行くだけ費用がかかる状態ですが、このお金とみなさんの温かい気持ちで私はこれからも頑張ります!非常に恐縮なのですが、関東以外のデモ撮影に行く場合、またカンパを集めさせて頂く事があるかもしれませんが、その時はほんの少しだけで結構ですので協力して頂けたら有難く思います。

■日々進化していくデモを記録し人々に伝える使命を果たさなければならないと思っています。マスコミが役に立たない以上、私が伝道師となるしか道はないでしょう。デモ撮影に行く直前は緊張します。自分では武者震いと言っていますが、何だかそわそわするのです。少なからずプレッシャーもあります。より上を目指したいといつも思っている為でしょうか。原発を止めたいからより良い映像を求めているのです。私のデモ映像で一人でも多くの人の心が動けば良いと思い、今はこのデモの撮影を最優先して生きています。脱原発アクションを細分化した時に私に出来る事で一番効果的なのは「デモをきれいに記録する事」だと考え、積極的に取り組んでいます。「社会的分業」という言葉を社会科の授業で習いましたが、自分に出来る事だけを一生懸命にやれば社会全体で結構なパワーになるのではないかと思い、日々努力をしています。それぞれが得意分野で少しだけ協力するだけでも良いと思います。自分が実際に少しだけでも動く事が最も大事なはずです。

■宮下公園前の歩道橋を猛スピードで駆け上がって上に着いた瞬間、床が湿っていてこけました。肩を少し打っただけで特に負傷はしなかったのですが、カメラバッグから一眼レフが飛んで行きました。カメラを回収している時間がもったいないので放置し、すぐに起き上がってデモ隊をビデオ撮影しました。その後、一眼レフを拾って写真も撮影しました。そう言えば、近くにいた方が「大丈夫ですか?」と声を掛けて下さっていたんですが、撮影する事しか頭になかったから完全に無視してしまいました…。大変失礼いたしました。歩道橋の上で私がこけた事なんて誰も気付かなかっただろうと思っていたら、デモ終了後に何人もの人に「こけたでしょ(笑)」「突然消えたからどうしたのかと思ったら、あ、こけてたんだね(笑)」などと言われました。こけたり、物に激突したりしながら私は記録を行なっているのです。言わば私の血の映像なのです。…いや、書いてみただけです。

■物をよく無くすのですが、今回は撮影中に機材のパーツをなくしてしまい青山霊園の手前であたふたしていました。カメラのレンズキャップを無くす事は良くあるんですが、今回はHague Mini Motion-Camというスタビライザ(広義のステディカム)のハンドルを無くしてしまい、それが無いと撮影の続行ができないので本当に困っていました。しばらくすると、脱原発スモールアクションの方が「落としましたよー」と、拾って届けてくれました。どうもありがとうございました!!!大袈裟ではなく命の恩人だと思っています。(※ついでなので書いておきますが、このブログのタイトルにもなっている『ステディカム』というのは、カメラのブレ防止装置の事で私の映像はこの装置を使っているので、そこそこ見やすい映像になっています。ステディカムというのは対振装置(免振装置)の通称で、正確にはHague Mini Motion-Camという安い英国製カメラスタビライザを使用しています。)

■今回のデモで脱原発デモの撮影が30回目となりました(脱原発以外も入れると36回目)。本当によくここまで続けてこれたものだと自分でも思います。初めは単なる興味で撮影に行ってみたのですが、気付いたらもう30回も脱原発デモの記録を行なっていました。実を言うと今でも「興味」が原動力の大きな部分を占めていて、「行かないで後悔したくない」という気持ちが強く存在しています。記録し伝える事でデモが、その日、その場所、だけのものでなくなるので、記録する事には大きな意味と効果があると思っています。私は映像の力を信じ、デモの力を信じています。そして、参加する事や記録する事をもっと多くの方にやって頂きたいと思っています。私という小さい個人ですらここまでやって来れたのだから、誰だって出来るに決まっています。特にカメラマンや映像ディレクターの方は私に続いて欲しいと思っています。もっともっと情報発信をしていかなければなりません!この状況を変えていかなければなりません!彼女の美しさを伝えなければなりません!

■デモ終了後、作家の松沢呉一さんをお誘いし一緒に表参道のキディランドに行ってきました。どうしてもチェブラーシカのTシャツが欲しかったのですが、一人だと恥ずかしかったので松沢先生に付いてきてもらいました。お店に行くと親子連れと少女しかいませんでした。チェブラーシカグッズのコーナーは入口に近くて目立つところにありました。どうしたことか、Tシャツはなくてどうしようかなと思っていたら、心優しい松沢さんが店員に聞きに行ってくれ「渋谷パルコにしか無い」という事が分かりました…。以下、その時の様子を松沢さんがツイートされていたので参照します。『ワシはああいうのは全然恥ずかしくないんだけど、店員が「ただ、サイズがあるかどうか」と言っていたってことは、ワシが着ると思われたんだな。「着るのはワシではない。りおたんだ」と今から訂正に行きたい。』(笑)…本当にありがとうございました。松沢先生はとても優しくて、ちょうど父親と同じくらいの年なので最近は「パパ」と呼んでいます(嘘)


a0222059_11451266.jpg
[おまけ-1]地面に寝てシャッターを切る私 - 撮影:松沢呉一さん

a0222059_14173498.jpg
[おまけ-2]後日、渋谷で入手したチェブラーシカTシャツ(KIDSサイズ)

秋山理央


[PR]
by rio_nonukes | 2011-11-13 00:00 | デモ撮影記録